Home > ビエンチャン便り > おおらかなお寺ワット・シームアン。中央バスターミナルの時刻表。ボロボロの異色本?

おおらかなお寺ワット・シームアン。中央バスターミナルの時刻表。ボロボロの異色本?

14.10.13 ワット・シームアン (35)
本堂の裏にあった4面の仏様。いかにもおおらか。

★おおらかなお寺ワット・シームアン

ワット・シームアンへ、
このところ少々ハマっている動画撮りに行った。

この寺は以前にも紹介したことがある。
日本(東京)でいえば浅草寺(みたいなもの)と言われている。

大衆的な国民に愛されているお寺とでも言えようか。
参拝客が後を絶たない。

       *

出入りも自由、写真や動画を撮影してもオーケー。
実におおらかだ。

本堂を出たところに[Smoke Free]の看板があった。
これはタバコを吸ってはいけませんの意味。

Free違いなのだ。
[Smoke Free]の隣に禁煙のマークが大きくあったのでその意味が分かったのだが、
英語の(にも)弱い僕は一瞬?

ネットによれば海外では当たり前の標語(?)らしいが、
日本ではまだ浸透していない。

       *
いずれにせよマナーやエチケットは守らなくては・・・。

       *

伽藍を前に20分ほど座って、
参拝客らが拝むのを見ていた。

       ☆

14.10.13 ワット・シームアン (10)
近場の路線バス時刻表。

★中央バスターミナルの時刻表看板

中央バスターミナルの時刻表看板。
近場のバス路線なのだが、
どれか終点までいて帰ってこようかと・・・。

      *

なぜ近場かと言えば・・・・。

地球の歩き方に乗っている街、
つまりバックパッカーも含めて旅行客が行きそうな街となると、
ビエンチャンのこのバスターミナルから一番近いところで4時間ほどかかる。

隣町でも一泊しないと・・・。
僕なんぞは行ったバスに乗ってそのまま帰ってこなくてはならない。

というわけで、
どこかバスターミナルから気軽に往復できるところに、
行ってみようかなァと思ってみた(「いる)のだが・・・・・・・。

      ☆

14.10.13 ワット・シームアン (7)
この本はちょっと異色?大王も著者も翻訳者も・・・。
それにしてもボロボロになってしまった文庫本だ。
とても200×年発行とは思えない。
紙も茶色に変色しているし・・・・・。
あんまりなので、チャンパの花を添えてみた。

★本「カラカウア王のニッポン仰天旅行記」 荒俣宏訳

明治初期の外国人の日本滞在記は何冊か読んでいるが、
この本はちょっと異色?
大王も著者も翻訳者も・・・・。

面白くスラスラ読めたけど。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1473-1b8135a4
Listed below are links to weblogs that reference
おおらかなお寺ワット・シームアン。中央バスターミナルの時刻表。ボロボロの異色本? from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > おおらかなお寺ワット・シームアン。中央バスターミナルの時刻表。ボロボロの異色本?

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top