Home > ビエンチャン便り > 後片付けをして帰る生徒たち・・・・・絵画教室7期9回目。本「もう一度読みたい 宮沢賢治」

後片付けをして帰る生徒たち・・・・・絵画教室7期9回目。本「もう一度読みたい 宮沢賢治」

★後片付けをして帰る生徒たち・・・・・絵画教室7期9回目

生徒たちが後片付けをきちんとして帰る。

今期(今日までの9回とも)はほとんどの生徒が自分の使用した道具の
後片付けをきちんとして帰るようになった。

中学生も高校生も、モチ大学生もだ。
近所の小学生や未就学児の子も片づけて帰る。

そのままのやりっぱなしで帰る生徒は10人に1人くらいだ。
前期までとは全く逆になった。

使用した筆は洗い、鉛筆や消しゴムも元通りにしていく。
画板も片づけるし、ゴミも散らかして(捨てて)いかない。

僕は(今期になって)、
後片付けをするようにとは一度も言っていない。

みな自主的にやっているのだ。
どうしてなのか理由は分からない。

ただ、とてもいいことだと感心するばかりだ。

     *

今日は朝の8時半から夕方の4時45分まで、
ずっと教室に生徒がいた。

誰かが画板を抱えて描いていた。
8時間15分も生徒がいっぱなしは初めてだ(多分)。

22人が出席。

1 14.10.19 絵画教室7期9回目CIMG1263 (11)
仕上がり作品は多くないが生徒たちは真面目だ。
2 14.10.19 絵画教室7期9回目CIMG1263 (15)
資料を見ながら描いた日本の風景。
ラオスの風景との違いが分かるのような・・・・。
3 14.10.19 絵画教室7期9回目CIMG1263 (22)
ネコを描いた高校生。大胆な色使いがいい。
4 14.10.19 絵画教室7期9回目CIMG1263 (24)
“ネコを抱く森の少女”・・というタイトル(題)はどう?
5 14.10.19 絵画教室7期9回目CIMG1263 (26)
小学生の描いたカタツムリ。
       *
6 14.10.19 絵画教室7期9回目CIMG1263 (20)
中学生の作品ではないぞ。ゴローの描いたタゴーン(先週行った)の船宿なのだ。



7 14.10.19 絵画教室7期9回目CIMG1263 (9)
宮沢賢治の童話って深~い(意味がある)のだ。

★本「もう一度読みたい 宮沢賢治」 別冊宝島

代表作の「銀河鉄道の夜」、風の又三郎」など22編と、
⒓の詩を収録。

「銀河鉄道の夜」はずいぶん前に読んだことがある。
しかし、その時は内容がさっぱりわからなかった(理解できなかった)。

この本の巻頭に
吉本隆明氏の『銀河鉄道の夜』についてという解説があり、
それを読んで初めて“あ~そーゆーことなのか”と思った(少し理解できたかなァ)次第。

       *

宮沢賢治の童話って深~い(意味がある)のだ。

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1479-428c3dcf
Listed below are links to weblogs that reference
後片付けをして帰る生徒たち・・・・・絵画教室7期9回目。本「もう一度読みたい 宮沢賢治」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > 後片付けをして帰る生徒たち・・・・・絵画教室7期9回目。本「もう一度読みたい 宮沢賢治」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top