Home > ビエンチャン便り > 一瞬、このまま引き返そうかと・・・・・目的のない小さな旅の物語

一瞬、このまま引き返そうかと・・・・・目的のない小さな旅の物語

★一瞬、このまま引き返そうかと・・・・・目的のない小さな旅の物語


“小さなバスの旅”を目指して、
あてずっぽうにミニバスに乗ってみた。

行先はドンパーマイ、32番のバスだ。
どこを通るのか、終点がどんなところかはわからない。
とにかく終点まで行って、そこで降りてみることにした。

      *

乗客はわずか。

バスは商店が並ぶ広い通りをしばらく走った。

途中から僕が知らない道路、初めて走る道路になる。
商店街を過ぎると増築中の大きな病院、
広い敷地を持つ会社の前を通過。

さらに進むと道路の両サイドは住宅となった。
空き地も目立つが・・・・。

       *

30分も走った頃、
運転手がいきなりここが終点だから降りろという。

ここが終点?といぶかしがるほど何もないところだ。

一瞬、このまま引き返そうかと思ったが、
それでは小さな旅にならない。

ままよという気持ちで降りた。
料金は2000キープ(約23円)、乗っていた時間は約30分。

      *

道路は広くてりっぱ、歩道もついている。
しかし通る車は少ない。

それより何よりめぼしいものはなさそう。
お寺の屋根も、木陰になりそうな大きな樹木も見えない。

しばらく先へと歩いてみた。
500メートルも進むと道は大きく右にカーブ。

カーブした先も同じようだ。

結局、そこでバスの終点まで引き返すことにした。

1 14.10.21 炭屋・ミニバスでドンパーマイ CIMG2829 (24)
ミニバス。このバスも日本からの寄贈。
2 14.10.21 炭屋・ミニバスでドンパーマイ CIMG2829 (7)
バスはがら空き。途中から乗客は僕ひとりだ。
バスのドアはついに一度も閉じなかった。
3 14.10.21 炭屋・ミニバスでドンパーマイ CIMG2829 (10)
終点。
一瞬このまま引き返そうかと思ってしまった。
4 14.10.21 炭屋・ミニバスでドンパーマイ CIMG2829 (14)
バス停前の店で水を飲みなから待つこと20分。
折り返しのバスがなかなか来ない。
5 14.10.21 炭屋・ミニバスでドンパーマイ CIMG2829 (19)
バスは途中で拾えばいい(手を挙げれば止まってくれる)と思い歩き出した。
前方に犬が5、6匹・・・と思ったらヤギだった。
なぜかホッとした。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1481-de784484
Listed below are links to weblogs that reference
一瞬、このまま引き返そうかと・・・・・目的のない小さな旅の物語 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > 一瞬、このまま引き返そうかと・・・・・目的のない小さな旅の物語

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top