FC2ブログ

Home > ビエンチャン便り > ★⒛年、30年ぶりに絵を描いた2人も・・・・絵画教室7期27回目(最終回)

★⒛年、30年ぶりに絵を描いた2人も・・・・絵画教室7期27回目(最終回)

1 11.11.30 絵画教室7期27回目最終回 (23)
最終日の教室はにぎやかだった。

★⒛年、30年ぶりに絵を描いた2人も・・・・絵画教室7期27回目(最終回)

ラオ友たち3人が教室に来た。
最終日がさみしくならないよう気遣ってくれたのだ・・・きっと。

そこで、早めにきた2人には画用紙と画板を渡し、
絵を描くよう勧めた。

どちらも小学校の図工の時間以来だという。
Sさん(女性)はおよそ20年ぶり、
Nさん(男性)はおよそ30年ぶりということであった。

2人とも真剣に画板に向かって描いている。
Nさんは持って帰ってオフィスに貼っておくそうだ。

そんなこんなで最終日の教室はにぎやかだった。
出席は7人、来客1人。

      *

今日は昼までということにしてあった。
ところが、11時ころにやってきた3人の生徒が終わらない。

結局、教室を閉めたのは午後1時。
それから道具類を片づけた。

午後3時半、延べ3年半にわたって開いてきた
てっちゃんねっと絵画教室を終了した。

2 11.11.30 絵画教室7期27回目最終回 (32)
午後1時まで熱心に描いていた高校生の作品。
色鉛筆で丁寧に仕上げている。
3 11.11.30 絵画教室7期27回目最終回 (38)
てっちゃんねっとの建物を描いた教室最後の作品(高校生徒)。
4 11.11.30 絵画教室7期27回目最終回 (29)
30年ぶりに画用紙に向かったNさんの作品。
モチーフ全部を描き入れていて根性を感じる。
5 11.11.30 絵画教室7期27回目最終回 (34)
近所の小学生の作品。
土・日はほぼ毎回、とても熱心に通ってきた生徒だ。
6 11.11.30 絵画教室7期27回目最終回 (17)
20年ぶりに絵を描いたというNさん。
それぞれの形と影をしっかり捉えようとしている。

      ☆

★大家さんゴメンナサイ・・・・ダブルブッキング

大家さん3姉妹と夕食に行った。
実は僕のための送別会が僕のとんでもないヘマで
昨夜の夕食になった次第。

28日〈木曜日〉、
タンチャナー(大家)さんは僕の送別会のために朝から料理を作り始め、
夕方にはすっかり支度をして待っていたそうな・・・。

大家さんとその家族(合わせて3家族)。
多分、ほかにも呼んでいたのかもしれない。

ただ、その日が一昨日(28日)、
つまり僕がビールを飲みながら、
ドイツ料理を食べ、腹をかかえて笑っていたあの時間だったのだ。

      *

何と、送別会のダブルブッキング、
僕が日にちを勘違いしていた〈あるいは早とちり〉。

タンチャナーさんが一昨日(28日)の朝、
出がけに「◎×ц▽◇●χ・・・」と何か言うのだ。

相変わらずちんぷんかんぷんで
僕には何を言っているのか分からない。

その時、ちゃんと確認をとるべきだったのだ。

あとで思えばタンチャナーさんはきっと
「今日(28日)の7時からゴローさんの送別会を始めるから・・・」
と言ったに違いないのだ。

僕の頭の中は29日(の約束だと思っていた)しかないので、
まったく気にもとめずにチャイ(分かった)
というような返事をしたのだ・・・・・きっと。

      *

ものすごく失礼なことをしてしまった。
空腹を我慢しながら僕の帰りを待ち続けていた人たちを思うと、
本当に身が縮まる究極の恐縮状況なのだ。

しかし、大家さんは怒りもせずに改めて昨夜(29日)の一席を設けてくれた。
何とおおらかでやさしい人なんだ・・・タンチヤナーさんは。
7 11.11.30 絵画教室7期27回目最終回 (43)
タンチャナーさんの3姉妹。
右がタンチャナーさん(×5歳)、
中が下の妹で8つ違い。左が上の妹で5つ違い。
年齢を聞いたわけでなく、年の差を聞いたら年齢で答えてくれたのだ。
下の妹さんはご主人が仕事の関係で日本へ何度か行っているとか。
本人も昨年日本へ行ったと写真を見せてくれた。
8 11.11.30 絵画教室7期27回目最終回 (4)
9 CIMG4255
今朝の朝食時に大家さんが持ってきてくれた副食とデザートのお菓子。
上は大家さんの実家コーン島(4000島)特産のお菓子。
黒砂糖をサトウキビの皮で包んだもの(多分)。
下はひな鳥(鶏)の燻製か。とても美味しい。
頭も嘴も脚の骨も食べることが出来た。

       ☆

10 14.11.30 絵画教室7期27回目最終回 (65)
思い出深い凱旋門(パトゥサイ)をバックにショット。

★本「きっと君は泣く」山本文緒

ぜんぜん泣かないちゅーの。

      *

ビエンチャン市立図書館で借りて読んだ本も、
いよいよ最後の一冊を読み終えた。

この本を読んで泣きはしなかったが
ちょっとは感傷的に・・・でもなかったけど、
・・・思い出深い凱旋門(パトゥサイ)をバックにショット。
     *
ビエンチャンの図書館の日本コーナーの本は限られている。
しかも古いものが大半、
20~30年前発行のものが多かったような気がする。
中には50年以上も前の文庫本もあった。
限られた中でどれから順番に借りようかという繰り返し、
それでも本を探すというのは楽しいものだった。
書籍の豊富な日本の図書館でなら、
ぜったいに借りないだろうなァと思う本も借りた。
いやむしろそのような本のほうが多かったと思う。
しかし、それらが思いがけなく面白かった。
どれも誰かが読んで、後輩のために置いて行ってくれたものだ。
     *
明日は帰国日、
図書館にはしっかりお礼を言わなくては・・・・・。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1518-b4662a25
Listed below are links to weblogs that reference
★⒛年、30年ぶりに絵を描いた2人も・・・・絵画教室7期27回目(最終回) from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > ★⒛年、30年ぶりに絵を描いた2人も・・・・絵画教室7期27回目(最終回)

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top