Home > 意見・気付き・思いなど > パソコンと電気製品の寿命

パソコンと電気製品の寿命

★パソコンと電気製品の寿命

やっとパソコンの準備が整った。

気が抜けたのか風邪気味。
今日は一日寝ていた。

     *

トイレのウオシュレットが壊れた。
使用10年未満だ。

先日のテレビが7年。
今回のパソコンは8年。

電気屋さんの言うことには今の電気製品は10年が限度なのだそうだ。
それ以上もったら奇跡だと思っていいのだと・・・。

      *

僕の机の上の古いデスクトップは15年使っている。
家内の友達の家はウオシュレット使用17年になるがまだ問題なし、
我が家のエアコンも古いのは20年になる。

古い電化製品で火を噴くなどのトラブル(事故)が起きると、
マスコミはニュースで大きく取り上げ、
事故を起こした人はメーカーを訴える。

電気屋さんの言うにはそうした結果なのだと。
訴えた人もマスコミも自己責任を調べる(感じる)ことはないらしい。

メーカーは8~⒑年しか保証しないし、
備品も破棄してしまうそうだ。

いまや日本製品は丈夫で長持ちではないのだ。

“高くて壊れやすい”。
こんな評判がたったらどうするのだ。
最も、このところの円安は価格を5割近くも下げているのだが・・・。

近い将来、
外国人が秋葉原で電化製品を買う姿を見られなくなる?

      *

ついでにもう一つ疑問だ。
アメリカの何とか委員会はなぜ部品メーカーを訴えているの?

ふつう車に欠陥が見つかったら自動車メーカーを訴えるだろう。
※トヨタもホンダもマツダもメーカーとして欠陥調査<対応)するようだが・・・。

そー言えば何年か前に訴えられたブリヂストンもタイヤメーカーだったなァ。
ブレーキ問題のトヨタの結末はどうなったのだ。

      *

古くは
フラフープが腸捻転の原因になるとかであっという間にブームが去った。
カルピスは虫歯の原因と言った歯医者のコメントで倒産寸前の憂き目にあった。

どちらも根拠がないデマにすぎないということが後でわかったが、
言った本人が責任をとることはないし、
マスコミが訂正することもない。

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1527-4a16df15
Listed below are links to weblogs that reference
パソコンと電気製品の寿命 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > パソコンと電気製品の寿命

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top