Home > さよなら > 土手の彼岸花群生。さよなら。ドナーカード

土手の彼岸花群生。さよなら。ドナーカード

10.9.26土手の彼岸花 (17)

①土手の彼岸花群生

近くの土手に咲く彼岸花が
今年はどういうわけか
一挙に大群生と化している。

もともと、
このあたりは
毎年、咲いてはいるのだが、
今年のように多くはない。

一挙にこれほど
群生化するものなのだろうか?

鮮やかな深紅の帯に染まった土手には
朝から、アマチュア・カメラマンらしき人が数人、
カメラを構えている。

今朝は天気も良く、
西方には
冨士山も望めた。

ところでだ。
土手から少し離れた
河川内のグランド付近にも、
結構な面積を占めて
毎年、彼岸花が咲いていたのに、
今年は、一本も見られない。

????なのだ。



②さよなら

また、
生前、お世話になった
知人にさよならを
言わねばならなくなった。

享年62歳だという。

多方面で活躍されていた方なので、
たくさんの方々が通夜に参列していた。

故人には、
僕がサラリーマン現役時代、
仕事の上で何度かお世話になった。

喪主である奥様とも、
職場が一緒だったこともあり、
気安く接していただいた。

いちど、グループではあったが、
ご夫婦ともに交えて、
香港旅行に行ったことがある。

語学堪能でグルメ、
話題豊富な故人のおかげで、
旅行そのものがとても楽しく、
印象深いものになった。

故人、喪主(奥様)、
お二人の人柄がしのばれるような、
敬虔な中にも
穏やかさとやさしさのただよう
通夜であった。

そんな気持ちの中で、
ご焼香をさせていただいた。

ご冥福をお祈りいたします。



10.9.26ブログ用、虹とドナーカード (17)

③ドナーカード

通夜の流れで、
気のおけない二人の友人と
お茶をした。

久しぶりということもあって、
2時間あまりもお喋り。

一人はパソコンに詳しい。

僕がブログを開設する際にも、
いろいろと教えてもらった。

電子ブック、携帯サービス、
Ipadの機能・・・・、
チンプンカンンプンで
聞いていたところのほうが
多かったが、
今日もたくさんのことを教えてもらった。

××「これってわかります?」

彼はいきなりカードを見せる。

「何です?」

××「ドナーカードですよ。
2年前に登録したんです」

○○「全部あげちゃうの?」
××「いえ、目だけは止めたんです」

そこから、しばし生体移植の話題へ。

不思議なもので、
知人がドナーとなることを
許諾したと聞いた瞬間から、
これまで他人事であった話が、
急に身近になった。

決断には相当に勇気がいっただろう。

自分は、はたしていつか、
ドナーに
なるだろうか?
なれるだろうか?

ならざるを得ない状況が
おこることもあるのだろうか?

さまざまなことが思い浮かんだ。



スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/155-88f2cf84
Listed below are links to weblogs that reference
土手の彼岸花群生。さよなら。ドナーカード from ゴローの「ここの記」日記

Home > さよなら > 土手の彼岸花群生。さよなら。ドナーカード

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top