FC2ブログ

Home > オブジェ > 屋号インタビュー。散歩の風景

屋号インタビュー。散歩の風景

CIMG5974.jpg
昨年発行の33号で僕は『馬宮団地に住んだラオス人』という記事を書いた。

★10分が1時間に・・・・屋号インタビュー

郷土史同好会の例会は毎月第2土曜日だ。

僕は相変わらずの半日和見会員だが、
当分は長期旅行の予定がないので、
今年は少しは協力しないと・・・・××××を受けるのではと思っている。

      *

郷土史同好会が発行している機関紙は「むかしの馬宮」。

昨年発行の33号で僕は『馬宮団地に住んだラオス人』という記事を書いた。
1975年のラオス革命後、難民となって日本へ来たラオス人20家族ほどが
馬宮地区に住むようになったいきさつをレポートしたもの。

次号では馬宮地区の屋号について書く。

古老に聞いた屋号の話をまとめたものに、
実際に屋号で呼ばれていた、
あるいは今でも屋号を使っている家のコメントを載せる。

今日はT宅にそのコメントをもらいに行った。

10分の約束が1時間にもなってしまったが、
エピソードも交えての屋号話は聞いていて面白かった。

        ☆

★散歩の風景・・・・スーパー土手はどこまで伸びる
15.2.11 ブログ用 散歩。1 (10)
廃家。
15.2.11 ブログ用 散歩。1 (16)
スーパー土手はどこまで伸びる①。
右の煙突はごみの焼却場。
奥の煙突は隣の上尾市。土手の左は川越市、右がさいたま市。
土手も右も左も奥も、⒖年くらい前までは僕のジョギングコース。
見慣れた風景が変わっていくのはちょっと寂しいもの。
今日は数年ぶ家から2㎞ほどのこのあたりまで散歩にきたのだ。
15.2.11 ブログ用 散歩。1 (25)
スーパー土手はどこまで伸びる②。
        *
15.2.11 ブログ用 散歩。1 (28)
公園の桜。春は確実に近づいている。
散歩から帰ったら、孫2人に誘われて再び散歩に出る破目に。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1591-6f26d43a
Listed below are links to weblogs that reference
屋号インタビュー。散歩の風景 from ゴローの「ここの記」日記

Home > オブジェ > 屋号インタビュー。散歩の風景

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top