Home > 意見・気付き・思いなど > 本も映画も古い作品を好む理由

本も映画も古い作品を好む理由

15.2.18 ブログ用CIMG6096 (11)
歩いても5分もかからない県道沿いにTUTAYAと幸楽苑がある。どちらもありがたい。

★本も映画も古い作品を好む理由

今朝の散歩は雨がパラつきだしたので20分ばかりでやめた。
今年に入って7割以上の散歩率でなかなかいい成績だ。

一日を本読みと映画(DVD)と孫の抱っこで過ごした。

本は一度に7冊も読んでいるので、
なかなか進まない。

いつごろからか
一冊を集中して読めなくなった。
複数冊を数ページずつとっかえひっかえ読む。

長いのは昨年の1月から読み始めた「戦争と平和」。 
まだ100頁も残っている。

中には面白くて一気読みしてしまうのもある。
そのような本はたとえ500頁の本だって2~3日で読んでしまうのだ。

       *

本でも映画でも僕は古い作品を好んで読んだり観たりしている。
本も映画も最近の作品は僕には感動する度合いが少ないからだ。

どうしてなのか?
先ごろやっとその理由に気が付いた。

そのひとつに70歳にもなるような
高齢者を対象にしていないということがある。

あとのいくつか理由は次回。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1598-18180200
Listed below are links to weblogs that reference
本も映画も古い作品を好む理由 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > 本も映画も古い作品を好む理由

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top