Home > 初めてかもしれないこと > 無料!老人福祉センター「馬宮壮」で温泉気分

無料!老人福祉センター「馬宮壮」で温泉気分

1 15.3.5ブログ用 本他 (26)
一日の利用者が160~170人。大盛況?の老人福祉センター「馬宮壮」。
利用時間は10~16時まで。休館日が月曜日なので火曜日は特に混むそうだ。

★無料!老人福祉センター「馬宮壮」で温泉気分

さいたま市の老人福祉センター「馬宮壮」へ行った。
市の住民で65歳以上なら無料。

教養娯楽室、ホール、大広間などで、
囲碁、将棋、カラオケ、卓球、マッサージ器などが楽しめる。

風呂もあるのだ。
一度行って(入って)みたいと思っていたのを今日実行した。

じつはこの施設、いつも行く図書館のある建物、
馬宮コミュニティセンターの1階にある。

図書館とはホールを挟んで対面なのだ。

       *

風呂は10人も入れば満杯になるほどの大きさだが、
明るく清潔だ。
洗い場は5ヶ所。

脱衣所がちょっと狭いかなァ。
老人ばかりなので脱着に時間がかかる。

10人ほどが出たり入ったりしたが、
今日は空いているほうなのだとか。

午後の3時を過ぎると待たされてしまうらしい。
庭もあり、昼間から温泉気分が味わえるしなァ。

風呂上りはカラオケをやっている大広間で汗の引くのを待った。

        *

受付で聞いたところ、
施設全体では一日の利用者数が169~170人くらいだそうで、
そのうちの何人が風呂を利用するのかはわからにとのこと。

施設を利用している7割は男性のように見える。
(女性はこの時間は仕事をしているからとの意見あり)

       ☆

3 15.3.5ブログ用 本他 (15)
かなり手厳しい。

★本「日本を捨てて日本を知った」 林秀彦

世界基準でなく日本基準でものを考え作る日本国民に対しての警鐘。
かなり手厳しい。

中国人や韓国人、また他の国々の人たちが海外移住した後、
祖国にこのような警鐘をならすだろうか?

         *

4 15.3.5ブログ用 本他 (6)
風太郎の(いろいろな人の)死生観を扱った内容は興味深い。

★本「死言状」 山田風太郎

エッセイ集。
前述の林秀彦氏の手厳しい日本人観と通じるような内容も・・・。

『日本人は昔から「約束」「契約」という観念が希薄であった・・・・
・・・・じかし、これから先、外国とのつい合い上からでも、
何とか矯正しなければどうにもすまなくなるだろう』

どちらも21世紀の日本を心配しているのだ。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1611-dc7d7fa9
Listed below are links to weblogs that reference
無料!老人福祉センター「馬宮壮」で温泉気分 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 初めてかもしれないこと > 無料!老人福祉センター「馬宮壮」で温泉気分

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top