Home > さよなら > 神様が合わせてくれたのかもしれない

神様が合わせてくれたのかもしれない

1 15.3.12-13中島家通夜・春の色 (5)

img008.jpg
昨日の両毛新聞に生前のご活躍が紹介されていた。

★神様が合わせてくれたのかもしれない

(現役時代)仕事とプライベートの両方でお世話になっていたSさんご夫婦のご母堂が亡くなられた。
亡くなられたのは奥さんのご母堂。

享年92歳、
昨日の両毛新聞に生前のご活躍が紹介されていた。

       *

僕が故人と始めてお会いしたのはもう43年も前のこと。
新婚ほやほやのS氏と渡良瀬川に投網で鮎獲りに行った時だった。

投網を奥さんの実家から借りるので寄ったのだが、
その時、家にいたのが母親と2人の高校生。

高校生A××「いらっしゃいませ。いつも姉がお世話になっております」。
高校生B××「いらっしゃいませ。いつも姉がお世話になっております」。

2人の高校生が玄関のあがりばちで
両手をついて挨拶をするのだ。

東京の下町深川の職人の家で
少々乱暴に育てられて大きくなった僕はそれを見て驚いた。
それこそびっくり仰天だ。

"礼儀""しつけ""育ち(の違い?)"、"家柄?"・・・・・そのような言葉が頭をよぎった。
その後、2人の高校生が歯科医師となったのは言うまでもない(新聞の記事に掲載)。

      *

故人とは昨年の9月、四十数年ぶりにお会いしている。
神様が合わせてくれたのかもしれない。

合掌

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1619-d5459b87
Listed below are links to weblogs that reference
神様が合わせてくれたのかもしれない from ゴローの「ここの記」日記

Home > さよなら > 神様が合わせてくれたのかもしれない

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top