Home > > 六地蔵堂のある交差点。蝶が舞い、トンボが群れ、足元からはバッタが・・・・。

六地蔵堂のある交差点。蝶が舞い、トンボが群れ、足元からはバッタが・・・・。

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-07-18 Sat 18:44:21
15.7.18 ブログ用 (2)
300年もの歴史を持つ由緒ある六地蔵。
15.7.18 ブログ用 (6)
堂内には庚申塔も祭られていた。
15.7.18 ブログ用 (19)
対面はうだつの上がった古家。

★六地蔵堂のある交差点

近くに住む中3の孫が所属している野球チームは加須市にある。
今朝、といっても早朝のことだが、
娘(孫の母親)に頼まれて練習グラウンドまで送って行った。

加須市は僕の自宅から30キロほども離れたところ、
片道1時間はたっぷりかかる。

最近まで親の送り迎えがたいへんだったらしいが
孫も中学生になって定期を購入、
普段は電車で練習グランド通いをしている。

        *

孫を降ろしたグラウンド近くの信号機のある交差点の角にお堂があり、
六地蔵が祭られていた。

堂内に架かっていた扁額の由来を読むと、
300年もの歴史を持つ由緒ある六地蔵なのだ。

道路を挟んだ対面はうだつの上がった古家があり、
なかなか味わい深いの交差点なのだ。

        ☆

15.7.18 ブログ用 (27)
この横堤の長さは400メートルほどだ。右はバイパス、左はゴルフ練習場。
15.7.18 ブログ用 (33)
バイパスの下の道沿いにホームレス?
どうやら拾い集めたものの置き場にしているらしい(不法使用?)。
15.7.18 ブログ用 (37)
横堤の延長線上に昔の橋げたが・・・。これも文化遺産に・・・。

★子供の頃の草っぱらを思い出した

2本ポール歩きの練習を横堤でやった。
横堤とは川を横断するように河川敷に突き出た堤。
日本にはここしかないという貴重な文化遺産だ。

※治水効果を高めながら農耕地を保護する目的として、
通常の堤防に対し直角方向に築かれた横堤を26箇所
(左岸14箇所、右岸12箇所)設けました。
横堤は、上流からの洪水流が及ぼす下流への被害を最小限に防ぐための調節・遊水機能を果たすほか、
流速を軽減させて高水敷きや耕作地を保護する役割を担っています(国土交通省HPより)。

       *

僕の散歩コースエリアには左岸14本のうち5本がある。
そのうちの1本は道路に、1本は埼京線の線路に使われている。

歩いていて改めて気付いた。

蝶が舞い、トンボの群れが飛び、
足元からはバッタが逃げ去る。
(キリギリスやスイッチョは見なかったけど・・・)

まったく昔、僕らの子供の頃の草っぱらを思い出した。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1739-596e6b7c
Listed below are links to weblogs that reference
六地蔵堂のある交差点。蝶が舞い、トンボが群れ、足元からはバッタが・・・・。 from ゴローの「ここの記」日記

Home > > 六地蔵堂のある交差点。蝶が舞い、トンボが群れ、足元からはバッタが・・・・。

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top