Home > 夢(ドリーム・オフ) > 「四国八十八ヶ所感情巡礼」を読んでトンデモナイ夢を見た。トンボの羽

「四国八十八ヶ所感情巡礼」を読んでトンデモナイ夢を見た。トンボの羽

15.8.3 トンボ。クワの葉、映画奇跡  (8)
羽を透かしてネット(網)がそのまま見える。

★トンボの羽

トンボをこんな近くでデジカメ出来たのは初めて。
朝早くてまだ寝ている?

レンズを近づけても逃げない。
いや、一旦は上のほうへ逃げて行ったがまた戻って来たのだ。

トンボの羽の厚さというか薄さをネットで調べたけどわからなかった。
というのも、先日テレビでトンボの羽は1000分の1ミリだけどとても丈夫だと言っていた。
本当かどうかネットで確認したかったのだ。

羽を透かしてネット(網)がそのまま見える。

        ☆

15.8.3 トンボ。クワの葉、映画奇跡  (28)
「四国八十八ヶ所感情巡礼」を読んでトンデモナイ夢を見た。

★本「四国八十八ヶ所感情巡礼」車谷長吉

読んだ本の紹介なのにカテゴリーが夢(ドリーム・オフ)って変じゃない?

実は、この本を読み終えた昨晩、
夢を見たのだ。

その夢と本の内容が関係あるみたいなので
カテゴリーを「夢」にしたのだ。

本の内容はそれなりに面白かったのだけど、
やたらと著者が野糞をするのだ。
八十八ヶ所を回っている間に何十回野糞が出てくるだろう。

一緒に回っていた奥さんもたまったもんじゃなかったと思うよ・・・きっと。
・・・・・で、僕が見た夢は↓なのだ。

『僕は離れたところで見ている傍観者。
目の前に小屋が見える。これが便所。
白人の男性がトイレにしゃがむと便器からぬーっと出てくる手。
白人男性はびっくりする。
なんと小屋の下は全部糞便のたまり場。
その中に別な白人の男性が暮している。
しかも便をおいしそうに食べているではないか。
僕と一緒にその様子を見ていたのは白人の女性。
それもかなり若い美人。
白人女性は最初は恐れる様子だったが、
急に糞便のたまり場のほうに這って行く。
そして指でつまんで糞便を口に入れる。
美味しいらしく笑顔になって僕を振り返る。
そして自分は糞便の中の男のところへ行ってしまう。
どうやら糞便の中で一緒に住むつもりらしい・・・と思ったところで目が覚めた。』

僕もトンデモナイ夢を見たものだ。

ところで、著者の奥様で歌人・詩人の高橋順子さんについて、
大学を卒業して河出書房新社に就職したら2ヶ月で倒産したとあった。

ということは河出書房新社の(僕と)同期ということに・・・・・。
あの時、新卒の新入社員は何人ぐらいいたのだろうか?

もう47年前の事だ。
著者が何気に書いた一行が、
僕にトンデモナイ記憶を蘇らせた。

この本、忘れがたい一冊になりそうだ。

      ☆

15.8.3 トンボ。クワの葉、映画奇跡  (51)
いい映画だけど・・・・。

★映画NHKBS3CH 「奇跡」 是枝佑和監督 20011年 

九州新幹線全線開通記念企画映画らしい。

いい映画だけど、
素人なりに言わせてもらえば、
起承転結の転結がちょっと弱いかなァ。

どうしても「ぼくらの7日間戦争」が頭に浮かんでしまう(比較してしまう)。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1755-73c16aec
Listed below are links to weblogs that reference
「四国八十八ヶ所感情巡礼」を読んでトンデモナイ夢を見た。トンボの羽 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 夢(ドリーム・オフ) > 「四国八十八ヶ所感情巡礼」を読んでトンデモナイ夢を見た。トンボの羽

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top