Home > 意見・気付き・思いなど > スーパーおばさんの実力

スーパーおばさんの実力

1 15.9.13 ドルチェ佐藤宅 (1)
①奇跡の水槽
もう3年間も掃除も一度も水を換えたたことない水槽。
グッピーを育てている。
Sおばさんはとても忙しいので生き物を飼ってもその世話はできないのだ。
この水槽には.ぶくぶくの酸素の供給もなし、ただエサを与えているだけなのだそうだ。
3年前に飼いはじめた2匹が今では数えきれないほどまでに増えた。
水草の種類とその量にヒミツがあるそうで、Sおばさんが考え出した工夫のひとつなのだ。
       *
2 15.9.13 ドルチェ佐2 藤宅 (6)
②むかごの炊き込みご飯
むかごをご存知だろうか?
都会の人はあまり知らないのではないだろうか。
『食材として単に「むかご」と呼ぶ場合、一般にはヤマノイモ・ナガイモなど山芋類のむかごを指す。
灰色で球形から楕円形、表面に少数の突起があり、葉腋につく。
塩ゆでする、煎る、米と一緒に炊き込むなどの調理法がある。
また零余子飯(むかごめし)は晩秋・生活の季語である(ウキペディア)』
Sおばさんは自分の家の庭(蔓性植物なので2Fのベランダで収穫)で栽培している。
僕がご馳走になるのは2度目だけどとても美味しい。
Sおばさんは喋っている間にも包丁の手を離さず、
手際よくむかごの炊き込みご飯と筑前煮、サラダ、味噌汁4人前を作った。        *
        *
3 15.9.13 ドルチェ佐藤宅 (19)
③手芸・人形・書道・華道・・・・・・
どれも名取で師範格。
忙しいので生徒を持つとか他人に教えてはいまいが、 
人形・手芸は現在も制作意欲は衰えずコンクールなどに出品。
作品には独自の技術やアイデアが盛り込まれ、
高い評価を受けている。
コンクールでの受賞は数知れず。
書道では都知事賞などこれも数々の受賞経験を積む。

★スーパーおばさんの実力

Sおばさんは
現在、同居している96歳になる義母の介護と、
難病を患っているご主人の世話で毎日が忙しい、

Sおばさんは5人の子供を育てながら、
長年ご主人と商売をともしてきた。

Sおばさんは愚痴を言わない。
いつも明るく笑顔で話す。

Sおばさんはどうみてもスーパーおばさんだ。

       *

③の雛人形について。
皇太子のご成婚記念に作ったものだそうだ。
つまりヒロノミヤさまとマサコさま。
お顔もどことなく似ている。
衣装は同じ生地を京都の西陣織屋さんから取り寄せ、
ご成婚時のお二人の衣装と同じに作った。
十二単衣も着物を一枚づつ重ねて着せるなど、
とても手間がかかるうえ、技術的にも難しかったとか。
そのため完成までこぎつけた人はわずかしかいなかったそうだ。
希少、貴重な立雛人形なのだ。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1794-f5fc733e
Listed below are links to weblogs that reference
スーパーおばさんの実力 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > スーパーおばさんの実力

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top