Home > 食にかかわること > 美味しくて当たり前?の八重洲地下街。映画「お早よう」

美味しくて当たり前?の八重洲地下街。映画「お早よう」

★美味しくて当たり前?の八重洲地下街

東京駅の八重洲地下街の居酒屋へ行った。
学生時代の友人2人と飲もうということになったのだ。

居酒屋といっても地下街のメイン通りの角にあって規模も大きい。
店の名は「初藤」八重洲店。

飲食時間に2時間の制限がある。
よほど人気のある店なのだろう、
5時半なのにすでに店内は客でいっぱいだ。

酒も肴も美味しかった。

      *

2軒目が1、2分ほど移動しただけの「天津飯店」東京駅店。
こちらも美味しい。

グルメ客の多いここいらあたりでは、
美味しくて当たり前なのかも。

       ☆

15.12 (18)
コメディじゃないかと思えるくらい笑える。

★映画NHKBS3CH 「お早よう」 小津安二郎 1959年

初めてテレビを購入した家が多かった昭和30年代頃の話。
コメディじゃないかと思えるくらい笑える場面(台詞)が次々。

さすが小津安二郎監督だ。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1864-e3073407
Listed below are links to weblogs that reference
美味しくて当たり前?の八重洲地下街。映画「お早よう」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 食にかかわること > 美味しくて当たり前?の八重洲地下街。映画「お早よう」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top