Home > 初めてかもしれないこと > 気を付けよう孫が残した魚と小骨。雪かき

気を付けよう孫が残した魚と小骨。雪かき

15.1.18 雪かき (2)
雪かきを終えて午後いちばんで耳鼻咽喉科へ。

★魚の小骨を抜きに耳鼻咽喉科へ

カマス(魚)の小骨が喉に刺さった。
何かを飲み込めばと期待したのだが結局抜けない。

いい方法はないかとネットで調べたら医者へ行けという回答が圧倒的。

      *

魚の小骨が喉に刺さるなどついぞなかったこと。
覚えていないくらいむかし以来だ。

      *

実はこのカマス昨夜4歳の孫が半分食べ残していったもの。
その孫がやはり骨を喉に刺して一時は大騒ぎしたそのカマスなのだ。

翌朝、爺が同じカマスで同じように喉に小骨を刺した。
孫には注意して食べなさいなどと言ったその本人が喉に刺してしまったわけだ。

しかも、孫は自力で抜いた(抜けた?)が、
僕は医者に抜いてもらった。

モチ、魚の小骨を抜きに耳鼻咽喉科へ行ったのは初めてのことだ。

まあ、それは仕方ないとして、
“骨が喉に刺さる”・・・・は思いのほかやっかいなことだということがわかった。
年齢がかさむほどそうなるのかも知れない。

気を付けよう孫が残した魚と小骨・・・・・・・標語じゃないツーの。

        *

15.1.18 雪かき (6)
今日はまさかの雪かきだ。

★団地の雪かきに参加

魚の小骨事件(僕の中では一事件になっている)にもびっくりしたが、
今日の雪でも思わぬ事が・・・・。

まァ、こちらは単なる雪かきなのだが、
自主管理の団地なら当然住民ならびに利用者、
つまり管理組合員が総出で雪かきをしなくてはならない。

そのことをすっかり忘れていて、
温かい部屋の中でユーチューブで民謡を聞いていたら、
外から聞こえてくるのはスコップでアスファルトする音が・・・・・。

“いかん、忘れていた”・・・・・と、慌てておもてに出た次第。

何とか間に合って、
建物の周囲やや駐車場の雪かきに参加できた。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1898-434c4d6e
Listed below are links to weblogs that reference
気を付けよう孫が残した魚と小骨。雪かき from ゴローの「ここの記」日記

Home > 初めてかもしれないこと > 気を付けよう孫が残した魚と小骨。雪かき

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top