Home > 意見・気付き・思いなど > 強い薬はやめるほうがいい。烏丸通り

強い薬はやめるほうがいい。烏丸通り

16.2.4 散歩銀座新橋 (7)
久しぶりに行ったら待合室などのレイアウトがすっかり変わっていた。
ここの待合室は明るくて待っているのが苦にならない。
事務のテーブルも仕切りがなくてごく友好的。
室内に薬局も併設していてその場で薬がもらえる。
僕の保険証には緑の高齢受給も加わって2割負担となり、
今日の診察代金は薬代を含めて1270円(漢方l薬1か月分と睡眠薬20日分)と安い。
img013.jpg
待合室では自分で視力検査、体脂肪、血圧が測れる。
視力が落ちているのにビックリ。
左が老眼鏡を掛けた視力で中が外した視力。
遠視なので視力検査機では眼鏡をかけていたほうが悪くなるみたい。

★診察からマラソン談義へ

継続してに飲み続けている逆流性食堂炎の薬を貰いに行った。
診察医師との対話

ゴロー××「先生、いつもの薬がなくなったんで貰いにきました」
先生××「調子はどうですか?」
ゴロー××「いいです」
先生××「血圧も問題ないですね」
ゴロー××「薬なんですけど、いま貰っている薬(R)、自分でだんだん量を減らしていって、
いまは10ミリを一日置きに飲んでいるんですけどいいですか?
それと間の一日は先生からいただいた漢方の胃薬を飲んでいます」
先生××「飲んでいるRは強い薬ですからやめるのはいいことですよ。
胃酸が出るのを抑えてしまうんですよ」
ゴロー××「じゃ、そうさせてもらってしばらく様子をみます」
    *
先生××「今は何をしているの?」
ゴロー××「そーですね・・・・散歩したり、本読んだり、それにハイキングと民謡、絵も描いたりします。
あと、年に1、2回くらいのゴルフとスキューバ、シーズンに何回か釣りですかね」
先生××「スキューバもするの?いろいろやるんだ」
ゴロー××「時間つぶしみたいなものです。
それに自分じゃ何もできないんです。
友達が誘ってくれるからそれについて行くだけなんですよ。連れてってもらっているんです」
先生××「仕事は何していたの?」
ゴロー××「サラリーマンです。出版社で雑誌の編集などしていました。
マラソンとかゴルフ雑誌とか。最後は営業でしたけど」
先生××「マラソンは僕もやっていたね。走友会の面倒を見ていてランナーズに紹介されたこともあるよ」
ゴロー××「そうなんですか。じゃ、先生も走っていたんだ」
先生××「君は今でも走っているの?」
ゴロー××「いえ、今はもう走っていません。散歩だけです。
でもマラソンはフルだけでも30回くらいは走りました」
先生××「そりゃすごい・・・・・・」
     ・
     ・
     ・
診察が思わぬマラソン談義になってしまった。
次の患者に悪いのでそうそう失礼したが、
次回の診察が待ち遠しくなったりして・・・・・。

       ☆

16.2.4 散歩銀座新橋 (71)
烏森神社のある前の細い路地の飲み屋の灯り。

★新橋烏丸で1杯

新橋の烏丸神社の前の路地の飲み屋街。
細く狭苦しい路地の中の狭苦しくも安いと評判の店で1杯。

新橋らしくてすっかり好きな路地となっている。
モチ、行きつけ(と言っても年に1、2回)の店もだけど。

できれば月に一度くらいはこの灯りに触れたいね。
気の置けない友との語らいも味わい深いものになるし。

       ☆

img011.jpg
エッセイはこうあらねばならぬと言っていいほど秀逸、しかも面白い。

★本「巨泉日記」大橋巨泉

2000年に発行された本だけど内容は全然古くない。
要するに政治も経済も日本は停滞したままだということだ。

週刊現代に連載されていた著者のエッセイ「内遊外歓」の単行本化したもの。
巨泉の鋭い意見は多くの人に支持されたようだ。

エッセイはこうあらねばならぬと言っていいほど秀逸、しかも面白い。
巨泉だから書けたのだろうけど・・・・。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1916-f19ae8d1
Listed below are links to weblogs that reference
強い薬はやめるほうがいい。烏丸通り from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > 強い薬はやめるほうがいい。烏丸通り

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top