Home > 意見・気付き・思いなど > 交通事故のあった2つの現場

交通事故のあった2つの現場

★事故が心配される状況のまま

いつもの散歩道。
我が団地の前を通る道路を東へ鴨川に向かって100㍍ほどの場所(①)と
400㍍ほど(②)の2か所には花が置かれている。

ちょうど中間で国道17号バイパスと交差する。
その交差点の角は大宮西警察署。

花が置かれているのは
そこで死亡事故が起こったことにほかならない。

       *

①の現場はイオンの正面入口前の横断歩道だ。
ここで自転車に乗った小学4年生の女子が車にはねられた。

2年ほど前のことだ。
その少女はたまたま僕の孫娘の同級生だった。

その現場近くに引っ越してきて、
ほぼ毎日のように現場を目にするとは夢にも思っていなかった。

       *

なぜ、横断歩道ではねられたか?
しかも常時、イオンのおじさんが旗を持って交通整理しているのだ。

事故当時のことも原因も僕にはわからないが、
この横断歩道が場合によっては非常に危険だということが先日分かったのだ。

横断歩道から30㍍ほどの場所に銀行のATM が設置されており、
その前に車が停車するのだ。

道路は片側1車線。
ATM 前に駐停車すると、後ろの車は横断歩道が見えにくいため、
反対車線に出て停車中の車をやり過ごそうとする。
その時、アクセルを急に踏んだりすれば・・・・。

事故が起こることは想像に難くないのだ。

       *

②の現場は最大手の運送会社の集荷場の入口だ。
十数トンもの荷物を積むロングトラックが常に出入りしている。

ここでの事故はいつ頃起きたもの、
そのような事故であったかも分からない。

しかし、警察署を挟んで同じくらいの距離、
それも200㍍あるかないかでは・・・・・。

       *

交通事故は怖い。
最近、僕は自転車に乗る際にもヘルメットをするようになった。

歩いていると自転車が肩をこするくらいの近さで追い越していく。
そのたびに接触しなくてよかったとホッとする。

自分が乗るときも、歩行者でいる時も注意が必要なのだ。
事故は起こしても、起こされても悲劇でしかないのだ。

16.2.9 事故現場・りそな (15)
①の現場。30㍍ほどのところにりそな銀行のATMが・・。
いつかまた事故が起こるのではと思われるのだ。
16.2。23散歩途中のカラオケ民家 (10)
①の現場を反対側から見る。
りそなのATMの前に軽が停車中。
対向車線から車は来るし、横断歩道は見えにくい。
日に何度も繰り返されているであろう事故が心配される状況なのだ。
16.2.9 事故現場・りそな (17)
①の現場のATMに掲げられた路上駐車禁止の看板。
停車して車を降りてからでないと気が付かない。
16.2.9 事故現場・りそな (7)
②の現場。
前方に車が見える場所が17号バイパスとの交差点。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1938-ca5e53a3
Listed below are links to weblogs that reference
交通事故のあった2つの現場 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > 交通事故のあった2つの現場

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top