Home > 昭和の主張 > なんだか分からないが窯のような物

なんだか分からないが窯のような物

15.1.8 昭和の主張(2)
前を通るたびに蓋を開けて中を覗き込みたくなる。

★なんだか分からないが窯のような物

鉄製。
下部に開いている口は火を燃やすためか?
とすると窯か?

蓋はどのように開けるのだろう?
回転するようには見えないから、
そっくり上から外すのかなァ?

なぜこのうちは塀のそと、道路ぎわに置いているのだろう?
いつ頃から置かれているのだろう?

前を通るたびに蓋を開けて中を覗き込みたくなるのだ。
中に昭和が詰まっていたりして・・・・・。

明日も多分、
この鉄製のなんだか分からないが窯のような物の前を通る。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1951-99d6fdb1
Listed below are links to weblogs that reference
なんだか分からないが窯のような物 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 昭和の主張 > なんだか分からないが窯のような物

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top