Home > 今日のこと > 銀ブラと絵の鑑賞と魚や一丁・・・・外出12時間

銀ブラと絵の鑑賞と魚や一丁・・・・外出12時間

★素晴らしい着想だ・・・・・作品もGoo!なのだ

①大宮工房館の作品展
=所属する絵画サークル“月曜会”の展示など鑑賞。
②画材屋=パステル用スケッチブック・筆などを購入。
③石井スポーツ=ストラップ購入。
⑤新作家展=知人が所属。
⑥銀ブラ=1時間近くをお上りさんする。
⑥魚や一丁=知人と飲食・歓談。

      *

登山靴の履きならしを兼ねての外出12時間。
今日は中敷きを外してしまい、薄手の靴下にして、
足指の部分にゆとりを持たせてみた。
内反小趾がなるべくシューズに当たら(触れ)ないようにしたのだ。
決して専門家が勧める方法ではないのだが・・・・。
結果的に12時間履きっぱなしにもかかわらずは痛まずに済んだ。

16.3.12 工房館展⇒誠美堂⇒銀ブラ⇒銀座画廊 (81)
知人の作品。『鳥の住むまち我孫子ーMONE(4歳の孫)との合作』。
4歳のお孫さんが描いた下絵を油彩で仕上げたという。
祖母として画家としてとして素晴らしい着想だ。
作品もGoo!。
        *
16.3.12 工房館展⇒誠美堂⇒銀ブラ⇒銀座画廊 (91)
銀ブラ1時間。
今日の夕刊(読売)に“都心に高層ビル続々”とあった。
20年までの5年間で20階以上の高層ビルだけで51も立つのだそうだ。
銀座に次々と建つ斬新な建物はその中に入っていないのかもしれない。
だとしたら、どれほど都心の街は変わっていくのだろう。
銀座・東京・渋谷・・・・僕はますますいお上りさん状態となる。
写真は完成間もない東急プラザ。
        *
16.3.12 工房館展⇒誠美堂⇒銀ブラ⇒銀座画廊 (98)
銀ブラではショー-ウインドーや画家の個展会場を覗く楽しみも。
        *
16.3.12 工房館展⇒誠美堂⇒銀ブラ⇒銀座画廊 (41)
大宮工房館の後期作品展。
絵のサークルだけでも10。
その他、陶芸、手工芸、人形、書道、押し花、篆刻、写真、木版画・・・・・。
なかなかの見ごたえだ。
写真は“バテンレ―ス”の展示から。
        *
16.3.12 工房館展⇒誠美堂⇒銀ブラ⇒銀座画廊 (119)
京橋の首都高の下にある“魚や一丁”。
新作家協会会員の知人ご夫婦と会食・歓談。
3時間喋っても話は尽きない・・・・。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1953-d421eb1e
Listed below are links to weblogs that reference
銀ブラと絵の鑑賞と魚や一丁・・・・外出12時間 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 今日のこと > 銀ブラと絵の鑑賞と魚や一丁・・・・外出12時間

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top