Home > 食にかかわること > また紹介する坂東太郎のおそば。流しそうめん計画。アーティチョーク

また紹介する坂東太郎のおそば。流しそうめん計画。アーティチョーク

3 16.7.12 ブログ用坂東太郎ほか  (16)
季節の天ぷらは"ハモ"がついて1000円は安い。
もうひとつ勧めたいのがデザートの黒蜜そばプリン。
100円と低価格だけどモッタイナイくらいの旨さ。
4 16.7.12 ブログ用坂東太郎ほか  (20)
同じ写真で2015年5月5日に紹介している"坂東太郎"。

★きっと熱烈なファンがいるに違いない

所用で久喜の義兄の家に行った。
帰りの昼食に寄ったのが大宮・栗橋線沿いのソバ屋"坂東太郎"。

僕はグルメでもソバ好きでもないけど、
ここのソバはほんとに旨いと思う。

紹介しておいて矛盾していることを言うが、
食べたら他人には教えたくないほどのおいしさなのだ。
(自分だけが知っていたい旨さってあるのではないだろうか?)

       *

聞けば全国チェーンの坂東太郎とは異なり、
個人経営のお店だそうだ。

店構えもそれほど大きくもなく、
玄関前が駐車場になっていてちょっと目立たないが、
蓮田あたり、栗橋に向かって右側だ。
(Tel 048-722-7353)

たった一店舗で40年以上(多分)も頑張っている。
食べログに紹介されているとは思えないけど、
きっと熱烈なファンがいるに違いない。

       *

ネットで蓮田の坂東太郎を検索しても
大手チェーン店の坂東太郎に隠れてしまって分からない。
ゴローの「ここの記」日記2015年5月5日に同じような内容で(僕が)紹介していた。

何度でも紹介したくなるソバの味なのだ。

       ☆

2 16.7.12 ブログ用坂東太郎ほか  (28)
テレビでやっていた流しソーメン・・・・大いに参考になった。

★流しそうめん計画

孫娘に「爺~じの家に来たら何が食べたい?」
って聞いたら流しソーメンだという。

実は先週のこと、
我が家での昼食に1,5リットルの空きペットボトルを利用して流しソーメンをしてあげた。

それがよっぽど美味しかった(楽しかった)らしい。

        *

そこで、今度は本格的に竹(樋)を利用して・・・と思っていたら、
今日、テレビで家の中の流しソーメンをやっていた。

僕が考えていたのとほぼ同じやり方。
考えることは同じだァ・・・と思わず思った(何のこっちゃ?)

次の日曜か夏休みに入ってからだけど、
爺(僕)のほうが楽しみにしているみたい。

        ☆

1 img071
先日の植林の模様がラオスの新聞ビエンチャンタイムズに載った

★感謝と高い評価

ラオス・バンビエンの植林の模様がラオスの新聞ビエンチャンタイムズに載った。

僕は旅行気分で参加しただけで直接関係ないのだけど、
植林は『高尾の森』のボランティア活動で、
ラオス政府から感謝と高い評価を受けているようだ。

今回は6回目(別に間伐も数回)であり、
ラオスの農林省関係の高官も視察にきていた。

        ☆

5 16.7.11 ブログ用風鈴 (6)
株が大きく植えかえ不可で一般の家庭の庭では難しいとか。

★アーティチョーク

昨日ブログに掲載した「こんな花あったけ」の記事を見て
花の名前を教えてくれた人がいた。

アーティチョークという食用になる(野菜?)の花なのだそうだ。

早速、ネットで調べた。
①株が大きく場所をとる。
②植えかえ不可で一般の家庭の庭では難しい。
③ヨーロッパでは人気の食材。
④葉の先に棘があり注意(けがをする)。
⑤日本名は朝鮮薊(あざみ)
⑥花言葉
『傷つく心』『警告』『独立独歩』『傷つく恋』『そばにおいて』『孤独』『厳格』
・・・・・・など情報多数。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2059-9be4db50
Listed below are links to weblogs that reference
また紹介する坂東太郎のおそば。流しそうめん計画。アーティチョーク from ゴローの「ここの記」日記

Home > 食にかかわること > また紹介する坂東太郎のおそば。流しそうめん計画。アーティチョーク

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top