Home > 意見・気付き・思いなど > 昨今のカラオケ事情。"暮しの手帖"創刊号~3号

昨今のカラオケ事情。"暮しの手帖"創刊号~3号

16.8.13 大森&五反田暑気払い  (6)
大森駅西口、道路向かいの八景坂に"馬込文士村の住民"のレリーフ。
16.8.13 大森&五反田暑気払い  (44)
カラオケのレンタル・コスチューム。
16.8.13 大森&五反田暑気払い  (49)
"暮しの手帖"創刊号~3号。

超久しぶりに大森駅に降りた。
会社勤めを始めてから数年間は、
この駅前からバスを利用して通勤していたのだ。

東口はずいぶんと変わったようだが、
西口には当時の面影がそのまま残っているように思える。

       *

高校同期会の幹事のひとりが大森の住民なので、
暑気払いを兼ねての幹事会をここでやったのだ。

食事、お喋り、カラオケで3時間。
カラオケは僕が無理やり誘った。

理由は二つ。
1、時間調整・・・・・僕の次の予定が4時に五反田。
2、老化防止?

最近カラオケを嫌う人が増えたような気がする。
僕もそうだが面倒になってきた。

言い方を変えると疲れる、楽しめないから。
それって、つまり年を取ってきてカラオケに耐えるスタミナがなくなったからではないだろうか?

老化の現れではないかと気付いた(考えた)からなのだ。
僕が無理やり誘ったのはその確認もあってなのだ。

      *

カラオケのカウンターにはとてもきれいなお姉さん(美人が)いた。

ゴロー××「お客さんはお年寄りよりも若い人のほうが多いの?」
カウンター美人××「いいえ、お年寄りの方のほうが多いです。
この頃は7割、3割くらいですか。むしろ若い人は減ってきているようです」

ゴロー××「そーなんだ。コスプレの衣装なんかはやっぱり若い人が借りるの?」
カウンター美人××「いいえ、会社の方がクループなんかでいらしたときに借りられます」

ゴロー××「プライベートマイクは高いの?」
カウンター美人××「高いですね。25000円もしますから。
でも、買われる人はけっこういますよ。ご自分で持ち歩いています。
他店でも使えますから・・・」

      *

五反田であったのは勤務時代の編集スタッフ。
こちらも暑気払いで集合したのは4人。
僕以外は皆まだ現役で働いている。

そのうちの一人が持ってきたのは
"暮しの手帖"の創刊号から3号。

何でも家には創刊号から200号以上があるそうだ。
そんなこんなで話は尽きない。

長居のできるファミレスで4時間近くもお喋りと食事を楽しんだ。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2083-bcd679aa
Listed below are links to weblogs that reference
昨今のカラオケ事情。"暮しの手帖"創刊号~3号 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > 昨今のカラオケ事情。"暮しの手帖"創刊号~3号

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top