Home > > この本にいったい何があるというんですか?本「大川端秋色」

この本にいったい何があるというんですか?本「大川端秋色」

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-08-14 Sun 21:02:05
★村上春樹著「ラオスにいったい何があるというんですか」について

ゴロー××「僕が予約している本はまだ届きませんか?。
もう半年ほどになるのですけど」
貸出係××「まだですね。まだしばらくはお待ちください」

ゴロー××「エッ?いったいあと何人が待っているんですか?」
貸出係××「63人の方がお待ちです。本は16冊あるんですけど・・・」
ゴロー××「ラオスの本ってそんなに人気があるの?
何でだろう?村上春樹さんが書いたからからかなァ?」

そういう僕も執筆者が村上春樹というので読みたいと思っているのだ。

ゴロー××「この本にいったい何があるというんですかねェ?」
貸出係××「さぁ?」

ゴロー××「ついで聞くんですけど、
これまで予約が最高に多かった本はどれくらいなんですか?」
貸出係××「2000以上ありました」
ゴロー××「誰の?」
貸出係××「又吉直樹さんの火花です」
※さいたま市管内の図書館です。

       ☆

16.8 .14 結夢のモチーフ・腫れた足・本 (6)
16.8 .14 結夢のモチーフ・腫れた足・本 (9)
各著者の読み比べができる。そのあたりも面白いかも。
16.8 .14 結夢のモチーフ・腫れた足・本 (12)
「日本婦道記」1942年(昭和17年)~「邯鄲鳴く夜」1962年(昭和37年)
の20年間に各雑誌に掲載された短編。

★本「大川端秋色」歴史小説名作館

各著者の読み比べができる。そのあたりも面白いかも。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2084-3c12396d
Listed below are links to weblogs that reference
この本にいったい何があるというんですか?本「大川端秋色」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > > この本にいったい何があるというんですか?本「大川端秋色」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top