Home > さよなら > 姉逝く。森下町の恩師

姉逝く。森下町の恩師

16.8.20 玲子お別れ会  (4)
名刹の和尚さんがお経をあげてくれた。

★ささやかなお別れ会

3番目の姉のお別れの会。
長年施設で療養していたが先日亡くなった。

80歳、未婚で子供はいない。
姉妹(兄弟)と甥・姪によるささやかなお別れ会となった。

お経をあげてくれたのは
名刹の和尚さん(浄土宗・正僧正)。

紫の袈裟衣がささやかだったお別れ会を
威厳に満ちた華やかなものに変えてくれたようだった。

      *

これで9人兄弟(姉妹)のうち3人が逝ったことになる。

合掌。

         ☆

16.8.20 玲子お別れ会  (9)
先生の家は地下鉄都営新宿線森下町駅から歩いて1~2分のところ。

★先生は歌もうまいけど・・・・

深川の森下町、高橋・・・・池上正太郎や山本一力の小説によく出てくる地名。
僕の実家近くでもある。

その森下町には僕の高校時代の恩師、
90歳の高齢にもかかわらず物凄く歌の上手な先生が住んでおられる。

今日、先生からご自宅に招かれ食事をご馳走になった。

もうひとり僕と同期の女性も一緒だったが、
まァ、平たく言えば3人はカラオケ仲間なのだ。

だから話はくだける、
ご馳走になった鰻は美味しくて、3時間もお邪魔してしまった。

       *

先生は歌もうまいけど、
実は俳句を指導しておられ、いまでも9つの教室をお持ちだとか。

先生は歌もうまいけど話も上手だ。
おもしろいし、話題豊富でとても90歳とは思えない。
モチ、抜群の知識と記憶力でたくさんのことを教えてもらえた。

先生は歌もうまく俳句も教えているけど、
身も軽い。

ビール、おつまみ・・・・何でもさっと立つ。
その身軽さ、動き(行動)はとても90歳とは思えない。

先生は歌もうまく、身軽にうごくけど、
とてもおしゃれである。

僕はこの頃、高齢で元気な人はおしゃれだということに気付いた。
これは山の会(おいらく山岳会)に入会して、
先輩の達の服装を見て確信にいたったものだ。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2090-b0d66f28
Listed below are links to weblogs that reference
姉逝く。森下町の恩師 from ゴローの「ここの記」日記

Home > さよなら > 姉逝く。森下町の恩師

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top