Home > 今日のこと > 嗚呼・・・・読む気になれず、聞く気になれず

嗚呼・・・・読む気になれず、聞く気になれず

img077.jpg
おいらく山岳会発行の『山行手帖』。
いつもならすぐに封筒を開けて見るのだが・・・・。

★淡い希望

おいらく山岳会の機関誌『山行手帖』の最新号が届いた。
いつもならすぐに封筒を開けて見るのだが、
今日は机の上に置いたままだった。

なぜかって、ケガした膝が治らねば山行申し込みはできない。
読む気になれず、嗚呼・・・・山行手帖なのだ。

        *

しかし、1ヶ月後なら・・・・・・・と淡い希望も。

EかDくらいのレベルから足慣らしをしなくてはならないだろうから、
そのあたりを探してみますか?

       ☆

★外れた・・・・・月例(民謡)にて

民謡の月例があった。
僕の通う教室(金曜会)が当番日で、
会場の支度や司会の割り当てが来る。

・・・で、なぜかいつも僕に司会が回ってくる。
膝をけがしているからといっても容赦はない(してくれない)。

        *

月例では日ごろの練習曲をひとり2曲披露する。
僕が唄ったのは鯵ヶ沢甚句と気仙坂。

最初に唄った鯵ヶ沢甚句が見事に外れた。
外れたと言っても音程ではなくテンポのことだ。

途中から早く唄い過ぎてしまい、
三味線がついてこれない。

そんな時は唄っていてあッと気づく。
申し訳けないと思いながらも
やり直すわけにはいかずそのまま進んでしまう。

三味線(会主ほか4人)は何とか追いついて合わせてくれる。、
それが唄っていて自分でわかるのだ。

       *

そんなときはせっかくテープ(メモリー)に録っても、
あとで、とても聞く気にならない。

ということで、今日は読む気になれず、聞くに気になれずなのだ。

16.8.28 土屋自治会館の駐車場  (17)
月例の会場になった自治会館の駐車場にいた10センチはある大型のバッタ。
何十年ぶりかで懐かしい友にあった気分だ。
16.8.28 土屋自治会館の駐車場  (5)
無人寺(跡)の墓地の駐車場。
歴代(昔)のお坊さんのお墓の下(土台)はひょっとして力石?
昔、寺(もしくは神社)に奉納されたものかも?
16.8.28 土屋自治会館の駐車場  (25)
駐車場近くの畔に咲いていたニラの花。
そー言えば、水仙をニラと間違えて食べた人はニュースになるけど、
ニラを水仙と間違えたという話は聞いたことないなァ。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2098-4b4b36c0
Listed below are links to weblogs that reference
嗚呼・・・・読む気になれず、聞く気になれず from ゴローの「ここの記」日記

Home > 今日のこと > 嗚呼・・・・読む気になれず、聞く気になれず

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top