Home > > 足のしびれに効くビタミンB12とは。本「源内狂恋」

足のしびれに効くビタミンB12とは。本「源内狂恋」

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-09-13 Tue 21:56:53
★「膝から?すねかなァ?腰かも?」

近くの整形外科Kクリニックへ行った。
個人医院ではあるけれど、
なかなかの人気でいつも混んでいる。

ただ火曜日が空いている穴日のようで、
先々週の土曜日に診てもらった際、
次は火曜日を指定されていたのだ。

今日は雨のせいもあって、
ひとりも待たずにすぐに診察室に直行だ。

       *

最初に行った病院でレントゲンとMRI を済ませ、
骨や筋には異常なしと診察を受けている。

後は経過を診てもらう程度なので、
近くて便利なKクリニックへ鞍替えしてしたのだ。

それに、Kクリニックの先生は診断・診察が早い。
その辺も人気のヒミツなのかも。

       *

湿布薬と同時にビタミンB12製剤メチコバールを出してくれる。
食後に一日3回服用。
ビタミンB12は足先のしびれに効くようだ。

ネットで調べたら
"主に手足のしびれや神経痛の症状を緩和するために用いられる"
"末梢神経の傷が原因となる肩こりや腰痛"
などとある。

ふ~ん、なるほどねェ・・・・なのだ。

メチコバールは古い(歴史ある)薬で副作用もほとんどないともあるので、
どうやら安心して飲めそうである。

       *

その足先のしびれ、
先生もどこから来るのかはっきりとは分からないらしい。

先生××「膝から?すねかなァ?腰かも?」

そんこと僕に聞かれたって分かるわけないでしょ・・・・・ツーの。

      ✩

img086.jpg
「源内狂恋」は一般的に描かれている平賀源内のイメージとは異なる。

★本「源内狂恋」 諸田玲子

平賀源内、小林一茶、葛飾北斎ものは何冊(種類)か読んだ。
といっても、そうは多くない。数冊ずつにすぎないが。

3人の生きざまが面白い。
共通するのは世界的な芸術家、学者、偉人でありながら、
3人ともに生活に困窮した。
少なくとも経済的に恵まれた生活はしていない…多分。

       *

「源内狂恋」は一般的に描かれている平賀源内のイメージとは異なる。
ちょっと源内さんが可哀想になってしまう内容だ。

読み始めてすぐに、
この本、以前読んだことある・・・と気が付いた。
調べたら確かに7、8年ほど前に読んでいた。

それでいて内容をほとんど覚えていない。
これも加齢から?
いや、僕の場合それ以前の問題かも・・・・・。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2114-7eaffa2a
Listed below are links to weblogs that reference
足のしびれに効くビタミンB12とは。本「源内狂恋」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > > 足のしびれに効くビタミンB12とは。本「源内狂恋」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top