Home > トマソン的風景 > 裸婦か毘沙門天か?

裸婦か毘沙門天か?

17.1.3 大楠山 (75)
いつまでも大事にしてほしい。

※トマソン的風景=故赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念。
不動産に付属しまるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物(中略)。
その中には、かつては役に立っていたものもあるし、
そもそも作った意図が分からないものもある。
超芸術を超芸術だと思って作る者(作家)はなく、
ただ鑑賞する者だけが存在する(ウキペディア)。

★裸婦か毘沙門天か?

樹木が不動産に属するとは思えないが、
この場合は例外にしてもらおうと思う。

また、美しくは保存されているけれど、
無用の長物ではないことも確認しておく。

     *

裸婦に見えるかに毘沙門天見えるか?
そこが問題だ。

僕は裸婦に軍配を上げる。
だいいちエロチックだ。

夏、葉の生い茂る季節はただの樹木に違いない。
秋が来て葉が落ちると枝を落としてしまうのだろう。

いつまでも大事にして
通る人の目を楽しませてほしい。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2224-8d5c1c56
Listed below are links to weblogs that reference
裸婦か毘沙門天か? from ゴローの「ここの記」日記

Home > トマソン的風景 > 裸婦か毘沙門天か?

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top