Home > 民謡 > 並んであったCD2枚・・・・・・サウンド・オブ・ミュージックと岸千恵子

並んであったCD2枚・・・・・・サウンド・オブ・ミュージックと岸千恵子

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-09-01 Fri 21:56:41
  • 民謡
スキャン_20170901
並んであった2枚のCD。

★教会での出来事

今日は民謡の稽古日。
明後日の月例(生徒がでお互いに練習曲を披露し合う)で唄う曲の仕上げ。

僕は津軽願人節と筑波山唄の2曲。
今日は仕上げにならず、先生から直しが出た。

津軽願人節は2年前に判子ももらっているのに、
ちゃんと唄えなくなってしまっている。

明日のうちに直しておかねば・・・・・。

      *

上の写真(スキャン)は昨日図書館から借りてきたCD。
棚に並んで飾ってあった。
通りすがりにひょっと目について借りてきた2枚だ。

サウンド・オブ・ミュージックは若いころ僕が何度か見たミュージカル。
ジュリーアンドリュースの歌も素晴らしいけど、
オーストリア、アルプスの風景の映像も素晴らしい。

映画館ばかりでなく、DVDも含めれば
僕は5回くらい見ているのではないか。

      *

オーストリアのザルツブルグに行った時は、
実際のフィリップ大佐の住まいだったというお城のような屋敷を見た。
また、実際にマリアがいたという丘の上の石造りの教会へも行った。

      *

朝まだ暗いうち、ホテルを抜け出して丘の上のその教会へ(ジョギングで)行った。
中はまだ暗い。

僕はいちばん後ろの席から正面のキリスト像を眺めていた。
しばらくすると、教会の扉を開く音が聞こえる。

そっとひとり女性が入ってきた。
その女性はキリスト像の前に膝まつきお祈りを始めた。
僕が後に座っていることには全く気付かぬ様子だ。

ちょうどその時、
遠くから讃美歌(の合唱)が聞こえてきた。

尼さんたちが朝のお祈りをしているのであろうか。
静寂のなかにその歌声が美しく響く。


すると讃美歌に誘われるかのように
キリスト像の頭上(背後)のステンドグラスが輝き始めた。

朝陽に輝くステンドグラス、
キリストに祈りをささげる婦人、
遠くから響く讃美歌・・・・・・・。

僕はこの世のものとは思えぬ美しい光景に出会った。
そして深く感動した。

      *

Youtubeで民謡歌手岸千恵子を知ったのはつい昨年の事だ。
たちまち僕は彼女のファンになった。

コンサートに行こうかと思いネットで検索中、
彼女がすでに鬼籍の人であることを知った。

このCDに収録されている20曲のうち、
僕が教室で習っている曲、過去に習った曲を合わせて7曲もある。

津軽願人節
リンゴ節
鯵ヶ沢甚句
十三の砂山
南部牛追唄
嘉瀬の奴踊り
道南口説

      *

この2枚のCDが偶然に
図書館の棚に並んで飾ってあったのだ。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2439-b27193b6
Listed below are links to weblogs that reference
並んであったCD2枚・・・・・・サウンド・オブ・ミュージックと岸千恵子 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 民謡 > 並んであったCD2枚・・・・・・サウンド・オブ・ミュージックと岸千恵子

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top