Home > ガラクタの心 > 山椒のすりこ木

山椒のすりこ木

16.11.15 我楽多 (319)
かっぽう着姿ですりこぎを使う懐かしい母親の姿が思い浮かぶすりこ木。

★一度も使わずにガラクタに・・・・・・

すりこ木はなぜ山椒の木なのか?

山椒の持つ解毒作用からとか
材質が堅すぎず柔らかすぎず、
食材をほどよくすりおろすことができるためらしい(ネット調べ)。

しかし、すりこ木を使う機会は今はなかなかない。
我が家にはすり鉢もないし・・・・・・。

それに、スーパーへ行けば例えば"すりごま"みたいに
すでにすりこんだ状態で商品が並んでいる。

      *

昔はどこの家にもすりこ木とすり鉢はがあったように思う。
和え物を作る、大豆をすりつぶす、生のいわしをつみれにする・・・・・・・。

すりこ木を見ると子供の頃の台所の風景、
かっぽう着姿ですりこ木を使う懐かしい母親の姿が思い浮かぶのは
僕だけだろうか。

      *

長いこと飾り棚に置いてあったすりこ木は、
とうとう一度も使わずにガラクタとなってしまった。

大きい方のすりこ木は長さ40センチ以上、太さも6、7センチはあった。
ネット通販を見たら5000円以上。

僕はどこかでこれを1000円で買ったと記憶している、
もう40年以上も前のことだ。

      *

※ガラクタの定義

引っ越しや部屋を換えるたびに処分(捨てた)してきたガラクタ。
もちろん手に入れた時はガラクタではない。

旅の土産として、思い出として買ったものや、
知人からの頂きものもある。

それらがいつか溜り、
思い出も薄れ、
もうどうでもいい捨てようとなった時に
ガラクタとなる。

そこで、僕なりにガラクタ(我楽多)に定義づけをした。
①本人以外に何ら価値がない
②金銭・骨董的価値は不明もしくはゼロ
③幾多の捨てられるという困難を乗り越え年月を経たもの。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2494-c2d7e1b0
Listed below are links to weblogs that reference
山椒のすりこ木 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ガラクタの心 > 山椒のすりこ木

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top