FC2ブログ

Home > ハイキング > 雪景色と土合駅の小さなものがたり

雪景色と土合駅の小さなものがたり


★雪景色を見たいから

雪が多すぎて訓練にならないということで、
今日の山行は中止となった。

山行名は
「雪山入門 土合白毛門山麓周辺」。
土合は谷川岳登山の下車駅だ。

山行は中止になってしまったが、
僕は購入していた乗車券を払い戻しせず、
ひとりでも土合に行くことにした。

理由は単に
多すぎるという雪の景色を見たいから。

      *

帰りの駅舎でばったり会ったのは
中止になった山行のリーダーOさん。

Oリーダーは土合に着いたばかり。
中止にしたが、雪の具合と訓練場所の状況を見に来たそうだ。

そこへ「あらッ!」とおいらく山岳会の会員のN(女性)さんが。
Nさんもひとりでやってきた。

Nさんは僕よりもさらに早く着いて、
天神平までリフトで行ってきた帰りだそうだ。

予期せぬ出会いに3人とも大喜びだ。

18.1.7 土合 (17)
土合駅(上越線)はトンネルの中。
改札口へは486段の階段を上らなくてはならない。
改札口に着いて僕は手袋の片方がないことに気付いた。
これは・・・・・・もしやトンネルの中に落としてきた。
僕は再び階段へ。
上ってきたばかりの階段を手袋を探しながら下り始めた。
290段目まで下りたところで手袋を発見。
すっかり汗をかいてしまった。
18.1.7 土合 (171)
土合八景のひとつ"日本一モグラえき"の看板。
ほかには高低差82mの階段、エスカレーター跡地、展望台、駅舎の三角屋根・・・・・・など
18.1.7 土合 (145)
雪景色A。
18.1.7 土合 (159)
雪景色B 雪に埋もれたバス待合所。
18.1.7 土合 (163)
雪景色C 雪に埋もれた土合駅の案内柱。
18.1.7 土合 (73)
雪景色D。
18.1.7 土合 (69)
雪景色E ミラーの高さに注目。
18.1.7 土合 (153)
ドライブインの駐車場に積まれた雪。
雪が固まったら巨大な"かまくら"にするのだそうだ。
ソリ遊びをしている父子がいた。
18.1.7 土合 (167)
駅前の傾斜で車がスリップしていた。
頼まれて僕も後から押すのを手伝ったがダメ。
そこでたまたま僕が持っていた荒縄をタイヤの下に敷いてみた。
車は一発で動いた。
18.1.7 土合 (42)
荒縄は雪路でどれぐらい役立つかの試しに持って行ったもの。
軽く、アイゼンのように靴底に雪がへばりつかない。装着も簡単。
さて、試しの結果はどうだったか。
1時間ほど歩いたが滑らず具合がいい。
これなら使えるかも・・・・・と思ったところでスッテンコロリン。
雪がつるつるに固まってしまっているところは滑る。
ということは凍っている道路もダメということか?
使用制限が必要かも・・・・・・・・・が試しの感想。
18.1.7 土合 (194)
帰りの乗り継ぎの水上駅でSLに遭遇。
そー言えば来るときもアマチュアカメラマンらしき人がホームにいたなァ。
線路際でカメラを構えている人も何ヵ所かでいた。
僕はカメラマンさんらしき少年ような若いお兄さんに聞いたのだ。
「何かあるの?」
少年のようなお兄さんは{▽×◆§◎Δ±・・・・・・・」
答えてくれるも声が小さくて何を言っているのか分からない。
そのわけが帰りになって分かったわけだ。
SLだったのだ。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2552-c6cbfba9
Listed below are links to weblogs that reference
雪景色と土合駅の小さなものがたり from ゴローの「ここの記」日記

Home > ハイキング > 雪景色と土合駅の小さなものがたり

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top