FC2ブログ

Home > 初めてかもしれないこと > 生まれて初めての僕の肩書。"白玉ねぎ"。本「中国歴史短編集1 興亡流転篇」。絵『リンゴ』

生まれて初めての僕の肩書。"白玉ねぎ"。本「中国歴史短編集1 興亡流転篇」。絵『リンゴ』

★受けるしかない

今日は民謡の稽古日。
稽古の終了後に次期役員を決める会議(打ち合わせ)が行われた。
といっても、あらかじめ決まっていて僕は会長を受けることに。

      *

会員の数は毎年減り続け、しかもほとんど僕より高齢だ。
男性は3人しかいない・・・・・・というかいなくなってしまった。
もう僕が受けるしかなかったのだ。

民謡は好きだし楽しいから、
少しは会のお役にも立たねばと僕も覚悟のうえだ。

会の名前は"筑静会"
今年40周年を迎える。

      *

先日は団地の管理組合の副理事長を受けた。
今回は会長。

生まれて初めての僕の肩書。

      ☆

★ブランドの白玉ねぎ
18.3.1 リンゴの絵、玉ねぎ、本  (4)
ブランド玉ねぎとして売り出し中の静岡県浜松市篠原産の"白玉ねぎ"。
知人が送ってきてくれた。
今日の夕食のおかずに早速使った。
メニューはイカのマリネと玉ねぎとイカ団子のスープ。
      ☆
★絵『リンゴ』パステル・6号
CIMG9032.jpg
先日、途中段階で掲載したリンゴ。
失敗のまま収拾が付かず仕上げとした。
リンゴはまだしもバックの処理が巧くいかなかった。
"まッ、いいか"作品だ。
      ☆
★本「中国歴史短編集1 興亡流転篇」陳舜臣
18.3.1 リンゴの絵、玉ねぎ、本  (7)
著者の作品はホントに面白い。
どれを読んでも作品の中に引き込まれてしまう。
ホントらしいウソを書くのではなく、
ウソみたいなホントの話を小説にしているからじゃないかなァ。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2606-e5205c3e
Listed below are links to weblogs that reference
生まれて初めての僕の肩書。"白玉ねぎ"。本「中国歴史短編集1 興亡流転篇」。絵『リンゴ』 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 初めてかもしれないこと > 生まれて初めての僕の肩書。"白玉ねぎ"。本「中国歴史短編集1 興亡流転篇」。絵『リンゴ』

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top