FC2ブログ

Home > ガラクタの心 > 絹のスカーフ“カタ”・・・・・・ガラクタの心。きっぷのいい正義の味方とは。季風会ご案内

絹のスカーフ“カタ”・・・・・・ガラクタの心。きっぷのいい正義の味方とは。季風会ご案内

★正義の味方?

今月24日に高校の同期会をやることになっている。
今日はその打ち合わせだ。

ずっと以前から幹事はやりたくないと断っているのに、
それじゃ世話人だなとと言われて何となく手伝わされているのだ。

こういうのは熱心にやってくれる人がいて実現できる。
たまたま、その熱心な男が高校時代に仲のいい友達だった。

もうひとり、一所懸命手伝ってくれている女性がいる。
その女性がいるから実現できている高校同期会なのだ。

責任感が強く、言ったこと言われたことは必ず実行してくれる。
おまけにきっぷがいい。

今日の打合せお茶代(ピザも)も彼女にご馳走になった。
正義の味方みたいな(意味不明)人なのだ。

      ☆

★絹のスカーフ“カタ”・・・・・・・・ガラクタの心
16.11.16 我楽多② (48)
16.11.15 我楽多 (773)
純白のスカーフは絹だ。
ヒマラヤ地方に住む人々が、
訪問者に対して歓迎・敬意を表すもの。
僕が30数年前、シッキムに行った時にもらったもの。
モチ、歓迎を受けてのこと。
シッキムとはインドとネパールの国境に近い街だ。
      *
※我楽多(ガラクタ)の定義
引っ越しや部屋を換えるたびに処分(捨てた)してきたガラクタ。
もちろん手に入れた時はガラクタではない。
旅の土産として、思い出として買ったものや、
知人からの頂きものもある。
それらがいつか溜り、
思い出も薄れ、
もうどうでもいい捨てようとなった時に
ガラクタとなる。
そこで、僕なりにガラクタ(我楽多)に定義づけをした。
①本人以外に何ら価値がない
②金銭・骨董的価値は不明もしくはゼロ
③幾多の捨てられるという困難を乗り越え年月を経たもの

      ☆

★季風会の案内状
スキャン_20180222 (4)_LI
拡大
季風会は風景画を描く仲間の展示会。
今年で45回目を迎える。
会場は有楽町駅前の交通会館地下1階・1ゴールドドサロン(ギャラリー)。
僕の出展作品は上高地風景2点、金時山、春の山(いずれも仮題)だ。
近くに御用の節はぜひご笑覧を。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2607-dd15241a
Listed below are links to weblogs that reference
絹のスカーフ“カタ”・・・・・・ガラクタの心。きっぷのいい正義の味方とは。季風会ご案内 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ガラクタの心 > 絹のスカーフ“カタ”・・・・・・ガラクタの心。きっぷのいい正義の味方とは。季風会ご案内

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top