FC2ブログ

Home > ゴローのビエンチャン・記憶遺産 > “ダン”を弾いてくれた山岳民族のおじさん・・・・・ビエンチャン(2011年)。春“からし菜”

“ダン”を弾いてくれた山岳民族のおじさん・・・・・ビエンチャン(2011年)。春“からし菜”

CIMG9662.jpg
今日の食卓の春は“からし菜”。旨かった。

★100円でなら買ってしまった方が・・・・・

フキノトウの天ぷら、菜の花に続く食卓の春、
今日は“からし菜”。
農家直販売り場で100円で買ってきた。。

     *

荒川の土手で、菜の花、からし菜摘みは出来るが、
2年半ほど前に引っ越してきてから、
土手まで少し遠くなったので行くのが面倒になった。

それに土手は未だスーパー土手の工事中だ。
100円でなら買ってしまった方がいいのだ。

今日のからし菜も旨かった。

      ☆

hff.jpg
ラオス北部の山岳民族の村でお土産用“ダン”を売っていた。

★ラオス北部の山岳民族の村で・・・・・・2011年

おじさんが手にしているのは“ダン”という弦楽器だ(多分・間違ったらゴメンナサイ)。
ラオス北部の山岳民族の村でお土産として売っていた。

おじさんが手にしているのは本物(多分)。
本物といってもおじさんの手作りらしく粗末に見えた。

僕はその場でおじさんに弾いてもらった。
馴染みないメロディーだったし、あまり上手には思えなかったが
とにかくおじさんは音色を出してくれた。

お土産用にはやっぱりおじさんの手作りらしい
小さめな“ダン”売っていた。
僕は50000キープ(500円)で買った。

      *

ダンを弾いている人はあまり見ない。
タイのバンコクでこの楽器を路上で弾いている人(物乞い)に出会った。

彼が弾いていたのは1メートルくらいの丈のある大きな“ダン”だった。
音もしっかりと出ていたしメロディーもそれとはっきりわかる。

僕は持っていたicレコーダーに2、3分だけだが録音させてもらった。
たしかお礼に100バーツ(300円)払ったと思う。

      *

なお、買った“ダン”は帰国後、家で開いたらすでに壊れていた。

      ☆

★今日の散歩から
18.3.16 散歩 シイタケ (3)
散り際の梅。
18.3.16 散歩 シイタケ (15)
シイタケの栽培。
18.3.16 散歩 シイタケ (21)
美しくサンシュウ。手前の赤はボケ。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2620-5d77a4dd
Listed below are links to weblogs that reference
“ダン”を弾いてくれた山岳民族のおじさん・・・・・ビエンチャン(2011年)。春“からし菜” from ゴローの「ここの記」日記

Home > ゴローのビエンチャン・記憶遺産 > “ダン”を弾いてくれた山岳民族のおじさん・・・・・ビエンチャン(2011年)。春“からし菜”

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top