FC2ブログ

Home > 今日のこと > 昭和の匂いといい話・・・・・・新幹線脇の側道を歩く

昭和の匂いといい話・・・・・・新幹線脇の側道を歩く

★いい時間

浜松へ先祖の墓参りに行った。
ちょっと早めに着いたので、
駅から墓のある寺までブラブラ歩きだ。

      *

少し遠回りになるが新幹線脇の側道を歩くことにした。

昔懐かしい養鰻場の池、
今や篠原の名産品(ブランド)となった玉ねぎ畑・・・・・・、
畑を耕していたおばあさんとしばしお喋り。

始めて歩いた道をそこそこ楽しんだ。

1 18.4.24 浜松 (58)
先祖のお墓のあるお寺は長福寺(臨済宗妙心寺派)。
2 18.4.24 浜松 (42)
ひっきりなしに通る東海道新幹線。
ここの畑を耕していたおばあさんとしばしお喋り。
村社の神主、お寺の和尚さん、僕の親戚のおじさん・・・・・などなど、
僕の知っている人はモチ皆おばあさんの知り合い。
おばあさんの家は江戸時代以前から続いているらしく、
先祖は庄屋をしていたとか。
いい話が聞けた、いい時間だった。
3 18.4.24 浜松 (26)
側道(公道)と畑(私有地)の境界に建つのは古い枕木。
さすがJR東海、昭和の味わいが・・・・・・。
4 18.4.24 浜松 (23)
ずっと以前、東海道本線のこの辺り(高塚駅から新居駅くらいまで)は
養鰻場(池)がたくさんあり、“浜松と言えば鰻”を代表する風物詩となっていた。
この池はその名残りか?
ここにも昭和の匂いが・・・・・・。
(今も養鰻池なのかどうかはわからない。
ただ、池の隣は大きな養鰻ハウスだ)
5 18.4.24 浜松 (36)
いまやブランドの篠原の玉ねぎ。
これは種を採るのかも。
6 18.4.24 浜松 (14)
空き家。
高塚駅北口にバスの発着場(ロータリー)の工事中。
近く(海より)に野球場が出来るのだ。
浜松市の西のはずれに近いこの辺りは大発展中で、
数年後には大きく変わるではず。
新築かそれに準ずるきれいな家が並ぶなかで、
空き家はあまり見かけないのだが・・・・・・。
数年後はどうなっているだろう?
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2666-f5162a2b
Listed below are links to weblogs that reference
昭和の匂いといい話・・・・・・新幹線脇の側道を歩く from ゴローの「ここの記」日記

Home > 今日のこと > 昭和の匂いといい話・・・・・・新幹線脇の側道を歩く

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top