FC2ブログ

Home > ハイキング > 県下一の巨木に会いに・・・・・・上谷(カミヤツ)の大クス

県下一の巨木に会いに・・・・・・上谷(カミヤツ)の大クス

★パワーが降ってきた?

読んでいる最中の本にパワースポットが登場する。
メルヘン小説なのだが面白く読ませてもらっている。

僕もパワースポットなる場所へ行ったことがあるし、
自分なり(だけの)のパワースポットも何ヵ所かで経験した。

とくに巨樹に接した時パワーを感じる。
そんな人は多いのではなかろうか。

      *

越生に埼玉県下一の巨木がある。
僕がかねてから行ってみたいと思っている場所だ。

メルヘン小説を読んでいる最中に(突然)行く気になったのだ。

      *

※データ(ネットより)↓
名称 上谷の大クス (かみやつのおおくす)
名称の典拠 現地の案内板
樹種 クスノキ
樹高 30m
目通り幹囲 15.0m
推定樹齢 伝承1000年
所在地の地名 埼玉県入間郡越生町上谷(かみやつ)山

大クスがそびえ立つ場所はなだらかな傾斜。
下の平らな空き地に2つのベンチが置かれてあり、
ここからは見事に枝を広げた大クスが一望できる。

僕はこのベンチで1時間以上待った(休んだ)。
弁当を食べ、本を読み、横になって逆さ大クスも眺めた。

      *

ベンチに腰を下ろした瞬間のことだった。
一陣の風でも吹いたのか、
頭上を覆う大クスからまるで花吹雪のごとく
黄色の枯葉が舞い落ちたのだ。

『オオッツ!』
たまたま隣にいたスポーツサイクルのお兄さんと
同時に驚きと感動の声を発した。

それは一瞬の光景だったので、
デジカメし(写真を取り)損ねた。

次の風でまたくるのでは・・・・・・
と、デジカメを手に待った。

その後、何度風が吹いても黄色い葉は数枚ずつチラチラと落ちるだけで、
枯葉吹雪の再現はなかった、

      *

あれは何だったのか?
“上谷の大クス”のパワーが頭上で渦巻いて起きたのでは?

      *

そして、今日もウグイスだ。

大クスの現場に着いた時から、
大クス下のベンチで1時間も横になっていた間、
その間ずっとウグイスが美しい声で鳴いていた。

しかもかなり近くからで鳴き声も大きく響く。
ひとりだけで聞くのがもったいないと思った。

18.4.26 上谷(カミヤツ)の大楠 (49)
樹齢1000年とは思えぬほどの樹勢。
18.4.26 上谷(カミヤツ)の大楠 (56)
根元に近寄ると人(サイクルお兄さん)が小さく見える。
18.4.26 上谷(カミヤツ)の大楠 (85)
逆さ大クス。
18.4.26 上谷(カミヤツ)の大楠 (141)
越生駅近くにある五大尊つつじ公園(北側の一部)。
10000本のつつじは見事なもの。
境内には四国88ヵ所、西国坂東秩父百観音札所の札所写(巡拝碑)が建つ。
18.4.26 上谷(カミヤツ)の大楠 (226)
煙突掃除に向かうスパーダーマン。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2668-99830dc4
Listed below are links to weblogs that reference
県下一の巨木に会いに・・・・・・上谷(カミヤツ)の大クス from ゴローの「ここの記」日記

Home > ハイキング > 県下一の巨木に会いに・・・・・・上谷(カミヤツ)の大クス

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top