Home > 散歩・ママチャリング > ゆっくりキョロキョロ・・・・・・ママチャリング考

ゆっくりキョロキョロ・・・・・・ママチャリング考

★ゆっくりキョロキョロ

購入以来はじめて愛車ママチャリを磨いた(拭いた)。
あまり汚れていなかったので簡単に済ませた。

店で一番安いママチャリだったのだが、
とても具合いい。

昔の自転車は鉄の部分が錆たりしたが、
この頃の自転車は錆びないのか、
2年経ってもピカピカだ。

      *

11時近くなってしまったが天気もいいし、
空気をパンパンにいれてママチャリングに出た。

目指すは三つ又沼ビオトープ。
サイクリング道路を外れた裏道で行く。

距離は6、7㎞ほどあろうが
ゆっくりとキョロキョロしながらだから時間はかかる。

     *

荒川サイクリング道路は浦和から森林公園まで40㎞もあり、
サイクラー(って呼ぶのかどうか不明)には人気。

とくに最近はスポーツサイクルでウエアを揃えたグループがバンバン通る。
ママチャリは彼らの邪魔になるだろうし
僕だってゆっくり楽しむなど危なくって出来るもんじゃない。

そこで、もっぱら裏道を利用するのだが、
その裏道ですらサイクラーが
ひっきりなしに通るようになっている。

昨年くらいまではそれほどではなかったが、
今日はすごかった。

サイクラーも(裏)道を覚えたに違いない。
それともサイクリングを楽しむには
ゆっくりキョロキョロがいい・・・・・・に気付いたのかなァ。

18.5.4 川島町・ママチャリング (2)
空気をパンパンにいれてママチャリングに出た。
1 18.5.4 川島町・ママチャリング (36)
今日はキジの鳴き声を多く聞いた。
姿を見たのも3回。
2 南九州では、冬季でもやや暖かい雨がふり水かさが増すと鹿児島の鶴田ダムが一月下旬から乗込みが始まり、産卵がはじまる。)
“春つげる めぶく草木に とりの声 水辺騒がす へらの乗りこみ”。
この詩(短歌)の通りの釣り人たちの別天池。
※ヘラの乗り込み=へら鮒が産卵のために浅場にのぼってくること。
3 18.5.4 川島町・ママチャリング (53)
釣り人はいなかったが(燃やすための)ドラム缶に赤い炎が・・・・・・。
釣り台に座って昼食。
鳥の囀(さえず)りカエルの鳴き声を聞き、
池を眺めながらしばし釣り人気分に浸った。
4 18.5.4 川島町・ママチャリング (63)_LI
最近はアメンボも見なくなった。
この池はビオトープなのかアメンボ(矢印の先)が
ピッピと動き回る姿が見られた。
ほかに糸トンボも・・・・・・。
5 18.5.4 川島町・ママチャリング (80)
両サイドは麦畑。
しかし、雑草が同じくらいはびこっていて
ちゃんと収穫(麦刈り)出来るのかしら?
18.5.4 川島町・ママチャリング (86)
三つ又沼はいつもより水が少ない。
カメと鯉らしき魚の姿が見られた。
6 18.5.4 川島町・ママチャリング (126)
マーガレット、ポピーに囲まれた家発見!
18.5.4 川島町・ママチャリング (114)
花園はさらに左へ大きく広がっていて
赤いポピーが満開だった。
7 18.5.4 川島町・チャリング (156)
若一王子社の境内に置かれていた“力石”
右の石には42貫〆と彫ってある。
20180504213143bc8[1]
♯ 山はむらさき ウグイス鳴いて~ ♯
は民謡『秩父ざんざ』の出だしの歌詞。
“土手はむらさき ウグイス鳴いて~”
と替え歌を口ずさんだほど土手がいちめんの紫。
※写真の色が悪い。実際の土手は明るい鮮やかな紫に彩られている。
9 18.5.4 川島町・ママチャリング (188)
写真中央は2羽の(雄の)キジが激しく争っているところ。
10 18.5.4 川島町・ママチャリング (26)
サイクラーも(裏)道を覚えたのかひっきりなしに通る。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2676-02906e1a
Listed below are links to weblogs that reference
ゆっくりキョロキョロ・・・・・・ママチャリング考 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 散歩・ママチャリング > ゆっくりキョロキョロ・・・・・・ママチャリング考

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top