FC2ブログ

Home > 意見・気付き・思いなど > 終活でも捨てられないものは・・・・・・

終活でも捨てられないものは・・・・・・

★20年も前から終活?

妻××「押入れに入っているあなたの物、少し整理してくれない。
しまいたい物があるから空けて欲しいの。・・・・・(´・ω・`)・・・・・・・」

※ここでクイズだ。
妻は・・・・・・(´・ω・`)・・・・・・・で何と言ったのでしょう。
答えは。この原稿(文)の最後。

先日、妻からそのような申し入れがあった。
確かに、押入れの3分の2を占領しているのは僕の荷物だ。

荷物と言っても40年以上も前に購入した数点の絵以外はガラクタばかりだが。

      *

これまでもずいぶん処分した。
20年以上も前になるが3人の子供をそれぞれ一人部屋にするとき
僕の部屋が無くなった。

その時は2つの本棚と中身。
数百冊の上製本と文庫本、美術系専門書など段ボール10箱分だ。
業者に引き取ってもらったのだが、
全部で10000円。

ほとんどが新刊で買ったものばかりだった。
以来、僕は時間つぶしに読む本に関しては
図書館を利用するようにした。

他に知人から譲られたレコード、CD、カラオケセット数百点(枚)。
音響設備はもったいないけど捨てた。

これも業者に引き取ってもらったのが、
全部で6000円ポッキリ。

レコード、CDの知人の購入時の価格は
総額数十万円(多分100万円は超えている)だったものだ。

      *

第2弾は2年半前だ。
今の団地に引っ越すことになって、
残っていたガラクタを処分した。

在職中に関わった雑誌、資料
全国各地と海外の旅行土産、
友人、知人からのもらい物、

拓本や郷土史同好会など趣味関係で不要になったもの・・・・・・など。
僕以外には何の価値もないものばかりだが、
これらも段ボールに10数箱になった。

これらは引き取り手がないのですべてゴミとして処分。

他に衣類関係が大きな袋2つ分、
古いカメラ類と無線機なども処分した。

これらはハードオフに持ち込んだ。
全部で7000円。
衣類関係は購入価格が10万円は超えていたのに500円にしかならなかった。

      *

そして今日、
少しは価値があるのではと考えていた絵を売った。
全部で4点。業者を呼んで査定をしてもらった。

45年前に画家から直接購入した物だったが、
それでも当時の購入額の半額だ。

      *

ここで冒頭の・・・・・(´・ω・`)・・・・・・・。
妻××「あなたもそろそろ終活考えなきゃ」

考えて見れば
僕は20年も前から終活しているぜよ(なぜか土佐弁)。

18.4.18 竹林・散歩 (9)
思い出はカエル(ヨミガエル)。終活でも捨てられないものは・・・・・・思い出。
18.4.26 上谷(カミヤツ)の大楠 (215)
僕は酉(トリ)年生まれ。なのに捨てるだけの終活。
18.5.2 武蔵嵐山・仙元山 (14)
終活とはもったいないけど捨てなければならない物。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2681-83714f52
Listed below are links to weblogs that reference
終活でも捨てられないものは・・・・・・ from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > 終活でも捨てられないものは・・・・・・

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top