FC2ブログ

Home > あの日の記憶・メモ > 魔女に出会った酒場・・・・・・あの日の記憶・メモ(1990年頃・オーストリア)

魔女に出会った酒場・・・・・・あの日の記憶・メモ(1990年頃・オーストリア)

Youtubeでナツメロ歌謡を聞き流していたら、
いつのまにかモンゴルのホーミーに変わっていた。

ホーミーに聞き惚れていたら、
いつのまにかマイケルジャクソンに。

そして30分ほどでマイケルジャクソンからビートルズに移っていた。
アルバムは初めての見るものばかり。

米国(多分)からの配信なのだろうけど、
どれもGoo (^^♪

何の操作もいらないし聞き流すだけでいい。
まったく家にいても退屈しないのだ。

      ☆

★魔女に出会った酒場・・・・・・あの日の記憶・メモ(1990年頃・オーストリア)

※“カテゴリー""ゴローの記憶遺産”とは古い昔の思い出の掲載。
 溜まった写真・データを掘り起こすのは年寄り(僕のこと)の楽しみのひとつ。
 このカテゴリーが僕のボケ防止の役に立てば幸いなのである。"

✩思えばバブルの真只中

ホーミーを聞いて今日のブログにモンゴルを思いだし、
段ボールの中の写真を漁ったが見つからない。

じゃァ、ニューヨークかロンドン・・・・・・もやっぱり同じ。
いつか出てきたらこのカテゴリー(記憶遺産)で掲載することに。

      *

そんな中から魔女の写真が目についた。
たいしたオモシロ話もないし、
写真も粗悪だけど今日はこれをカテゴリーの種にしようと決めた。

      *
僕がウイーンへ行ったのは1990年頃。
マラソンの取材と自分の出場を兼ねての仕事だ。

      *

ウイーンの街中ではあちこちで魔女を見た。
魔女と言っても天井からぶら下がっている人形だ。

魔女の意味は僕には分からないが、
日本ではお目にかからないし、
価格も手頃だろうからお土産にと考えていた。

      *

その夜、入った場末の酒場。
中にいたのはアコーディオンを弾くおじさん。

陽気に何曲も歌ってくれる。
それにしても天井から下がっている魔女が気になった。

おばあさん魔女がとてもよく出来ていてしかもどこか可愛い。
これ土産にどうか?

僕は店のマスターにいくらで譲ってくれるかと聞いた。
マスターは日本円で15000円くらいの値段を言ったと思う。

そこで、写真だけ撮らせてもらって購入はあきらめた。

      *

翌年だか翌々年、ウイーンへ出張するスタッフ(勤務時代の事)に
帰りに僕が買いそびれた魔女(に近い物)を買ってきてくれと依頼した。

彼女が買ってきてくれた魔女は
同じ天井から吊り下げ式ではあったが
大きさ半分ほどで出来ははるかに粗雑のいかにも土産品。

値段は日本円で8000円だった。
思えばバブルの真只中だったよなァ。

スキャン_20190117
おばあさん魔女がとてもよく出来ていてしかもどこか可愛い。
スキャン_20190117 - コピー
アコーディオンを弾くおじさんは陽気に何曲も歌ってくれた。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/2903-93499197
Listed below are links to weblogs that reference
魔女に出会った酒場・・・・・・あの日の記憶・メモ(1990年頃・オーストリア) from ゴローの「ここの記」日記

Home > あの日の記憶・メモ > 魔女に出会った酒場・・・・・・あの日の記憶・メモ(1990年頃・オーストリア)

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top