FC2ブログ

Home > ハイキング > 熱い滑り台の仰天お母さん・・・・・・龍崖山ほか2低山ハイク

熱い滑り台の仰天お母さん・・・・・・龍崖山ほか2低山ハイク

★5時間歩行

暑さと足慣らしを兼ねて低山ハイクを試みた。
天覧山(てんらんざん)195m。
多峯主山(とうのすやま)271m。
龍崖山(りゅうがいさん)246m。

3山足しても712mにしかならない。
それでも5時間もかかったのは道を間違えたり
下山口、登山口を見つけるのに行ったり来たりしたから。

歩行5時間のうち半分近くはアスファルト道路だった?
そのせいか足の裏側(底)が痛いよ。

      *

龍崖山公園の滑り台で遊んでいるのは
小さな子供2人を連れた若いお母さん。
1人はまだ赤ん坊で抱っこ。

炎天下、滑り台も熱いだろうに
3歳くらいの男の子が上から滑り始めた。

最初は段ボールを下に敷いて滑っていたが、
2度目は半ズボン姿のまま。

すると(熱かったのか)子供は途中で転んで泣き出した。

      *

抱っこの赤ちゃんのお母さんは何か子供に叫んでいたが、
そのうち一緒に滑り台の上に向かって歩き始めた。

滑り台の上に行くと、段ボールを両手にして
3歳の男の子に上手く滑る方法を教え始めたようだ。

それからなのだ。
赤ちゃん抱っこのお母さんが仰天行動を始めたのは。

何と炎天下の滑り台を赤ちゃんを抱っこしたまま
男の子と一緒に滑り出したではないか。

あれで、お母さんが前につんのめったり転んだりしたら
赤ちゃんはどうなるのだ(>_<)!

      *

案の定、お母さんは赤ちゃんを抱っこしママ転んだ。
横から仰向けに・・・・・・・だったけれど。

19.7.26 天覧山→多峰主山→龍崖山 (26)
天覧山の頂上から富士山が見えた。
年に数日しかないという澄んだ空気だということを
次の多峯主山で知ったのだが・・・・・・。
19.7.26 天覧山→多峰主山→龍崖山 (56)
多峯主山の頂上で(今日の)空気の澄み具合を説明(解説)するおじさん。
何でも今日は100㎞先の房総半島まで見えているのだとか。
おじさんは(次に)わざわざ僕の座っているところに来て解説してくれた。
19.7.26 天覧山→多峰主山→龍崖山 (74)
炎天下、赤ちゃんを抱っこしたまま子供と滑り下りる仰天お母さん。
19.7.26 天覧山→多峰主山→龍崖山 (80)
お母さんは途中から下まで仰向けに転んだまま滑り下りて来た。
19.7.26 天覧山→多峰主山→龍崖山 (98)
龍崖山頂上間近か。
19.7.26 天覧山→多峰主山→龍崖山 (141)
遠くの建物群がこれほどはっきりと見えているのは初めてかも。
19.7.26 天覧山→多峰主山→龍崖山 (155)
龍崖山ではとうとう一人にも出会わず。
静かで、明るてく爽やかな頂上を独り占め・・・・・みたいな気分になった。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3073-ff20cf12
Listed below are links to weblogs that reference
熱い滑り台の仰天お母さん・・・・・・龍崖山ほか2低山ハイク from ゴローの「ここの記」日記

Home > ハイキング > 熱い滑り台の仰天お母さん・・・・・・龍崖山ほか2低山ハイク

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top