FC2ブログ

Home > ハイキング > 登りの沢、下りのワサビ田で2度もヘビに遭遇・・・・・・棒の嶺

登りの沢、下りのワサビ田で2度もヘビに遭遇・・・・・・棒の嶺

★滑らぬように・・・・・・

棒の嶺一人ハイク。

登山口の名栗湖(有間ダム)へ流れる白谷沢沿いを登る。
何度も渡渉を繰り返し、ゴルジュ(狭い岩の間)などという聞きなれない場所も通る。

今日は沢の水量がいくらか多めだったかもしれない。
その分楽しめたかも。

      *

頂上で昼食、百軒茶屋コースで下山に向かう。
急な下りのあとはワサビ田を通る僕が好きな道。

      *

今日は登りでも下りでもヘビに遭遇。
水量のせい?2度も見るのは珍しい。

1 19.9.17 棒の嶺 (78)
棒の嶺頂上。
ここで昼食と思ったら、箸とスプーンを忘れていた。
湯を注いでしまったカップ麺を前に、
困っていたら、隣でコンロに火をつけていた2人が
「箸ならあります」とくれた。
カップルさんありがとう。
2 19.9.17 棒の嶺 (48)
ゴルジュを通る。
右サイドを滑らぬように・・・・・・。
3 19.9.17 棒の嶺 (116)
百軒茶屋のコース。
右にワサビ田、中に滝、左が道。
4 19.9.17 棒の嶺 (28)_LI
5 19.9.17 棒の嶺 (108)_LI
2度もヘビに遭遇。
上は白谷沢コースで見た小さな蛇。
下は百軒茶屋コースのワサビ田で遭遇した1mほどのヘビ。
6 19.9.17 棒の嶺 (146)
百軒茶屋。
ここでご主人(女性)の話を聞きながら飲む缶ビール(300円)が旨い。
とてもよく冷えていて、つまみにお菓子も出しててくれる。
      *
百軒茶屋は江戸時代には山番、
明治に入ってからは峠の茶屋として利用され、
50年前からはキャンプ場を開くことになった。
いまでも、山の事故・遭難などが起こると情報がいちばん先に入るらしい。
地元警察などからも救助、捜査などの際に協力を要請されるとか。
最近はハイヒールで登ろうとする女性がいたりして、
注意してハイカーの足下をみていないと・・・・・・と女主人。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3120-2626a3a8
Listed below are links to weblogs that reference
登りの沢、下りのワサビ田で2度もヘビに遭遇・・・・・・棒の嶺 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ハイキング > 登りの沢、下りのワサビ田で2度もヘビに遭遇・・・・・・棒の嶺

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top