FC2ブログ

Home > ハイキング > 峠の美しい段々畑・・・・・・奥武蔵駒高。本「火と汐」

峠の美しい段々畑・・・・・・奥武蔵駒高。本「火と汐」

★五常の滝の変貌にびっくり

参加予定だったおいらく山岳会の山行(箱根近辺)が中止になった。
先日の台風15号で山が荒れて登山不可、しかも天気も悪い。

そこで近場の低山一人ハイクへ。
岩トレで何度も行っている日和田山と隣の物見山、
北向き地蔵を経て五常の滝に下りてきた。

初心者向きの4時間コースと言ったところか。
でも、甘く見てはいけない。

長雨で道は滑りやすい。
とくに岩場は注意・・・・・・・と思いつつ滑った(転んだ)。
手のひらが紫に腫れ、左の太ももを打ったらしく痛む。

それでも、雨に降られず、
数年ぶりに見た五常の滝の変貌ぶりにビックリしたりで
それなりに一人ハイクを楽しんだ。

1 19.10.24 日和田山→五常の滝一人ハイク (54)
駒高地区の峠にある美しい風景。
一段が1mもあるかないかの細い畑を2人の農夫(婦)が耕していた。
いつまでも残したい風景だが・・・・・・。
2 19.10.24 日和田山→五常の滝一人ハイク (80)
山頂らしくない山頂。
全く視界なしの物見山。
3 19.10.24 日和田山→五常の滝一人ハイク (84)
こんな山道で農家の直売。
4 19.10.24 日和田山→五常の滝一人ハイク (131)
台風の傷跡、沢沿いの道は荒れていた。
5 19.10.24 日和田山→五常の滝一人ハイク (184)
数年ぶりに寄った五常の滝。
仁義礼智信(じんぎれいちしん)の五常と滝の名の謂(いわ)れ、
孔子ら12聖人の廟が並ぶなど
すっかり観光地化したその変貌ぶりにビックリ。
大雨の後で落下する水の量が多い迫力十分な滝を眺めながら昼食。
維持管理料として200円の入場料を支払った。
6 19.10.24 日和田山→五常の滝一人ハイク (190)
木の皮が流されて木肌が露出。
これほど鮮やかな赤い木肌は始めて。

      ☆

7 19.10.24 日和田山→五常の滝一人ハイク (6)
表題の“火と汐”は最後に・・・・・・。

★本「火と汐」松本清張

4本の短編集。
妻が読み終えて捨てたのを拾って読んだ。

表題の“火と汐”は最後になって
出征どうのこうの話で大逆転っぽい結末。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3151-4e117f61
Listed below are links to weblogs that reference
峠の美しい段々畑・・・・・・奥武蔵駒高。本「火と汐」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ハイキング > 峠の美しい段々畑・・・・・・奥武蔵駒高。本「火と汐」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top