FC2ブログ

Home > ハイキング > 鷹取山の3つの壁。本「忍ばずの女」。Youtube映画「人間の約束」

鷹取山の3つの壁。本「忍ばずの女」。Youtube映画「人間の約束」

★眺めはGoo

鷹取山の岩トレに参加してきた。
お天気も上々、昼過ぎまでポカポカ陽気。

      *

鷹取山は昔石切り場だったとのことだ。
139mの頂上付近の垂直な壁面が練習場になっている。

練習に使用するのは主に3つの壁面だ。
眺めがGoo、絶景なのだ。

僕は最もやさしい基本を学ぶ2ヵ所(ルート)しか登れない。
垂直壁面はせいぜい数m。

というわけで相変わらず初心者のままだ。
それでも岩トレは楽しいし、いい運動になっている。

Ⅰ19.11.7 鷹取山 (50)
壁面Ⅰ。
壁面にはそれぞれ名称があるのかもしれないが・・・・・・。
2 19.11.7 鷹取山 (74)
壁面Ⅱ。
4 19.11.7 鷹取山 (86)
壁面Ⅲ。

      ☆

4 19.11.7 鷹取山 (85)
前半はエッセイ、後半は脚本。

★本「忍ばずの女」高峰秀子

名ブロデューサー石井ふく子の実の母親、芸者君鶴の半生を描く脚本。
親子であることを拒否し続けた君鶴とふく子が(心の)和解する感動的な内容。

石井ふく子から直接依頼され、
夫の松山善三に書きなさいと説得されるなど
脚本にいたるまでのいきさつも。

     *

本の前半は高峰秀子自身のエッセイ“俳優ことはじめ”。
彼女の女優魂がよくわかった。

とくに“死に顔”の役について。
先日DVDで見た映画の「浮雲」の最後の場面の主役ゆき子(高峰秀子)の
死に顔の美しさに感動・・・・・・その美しさの理由が分かったと同時に
それこそが彼女の女優魂の神髄なのではないかと思った。

下の写真は「浮雲」の高峰秀子の演ずるゆき子の死に顔。
19.11.8 浮雲から死に顔 (3)
真に迫る死に顔、しかも美しい。

      ☆

5 19.11.7 鷹取山 (7)
ボケた妻を演ずる村瀬幸子を抱く夫(三国連太郎)。

★Youtube映画「人間の約束」=吉田嘉重監督 1986年

老人、ボケ問題を扱ったシリアスな内容。
三国連太郎の老人(老け役)がスゴイ。

演じているとは思えないほど迫る。
この年のキネマ旬報4位。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3165-f955500a
Listed below are links to weblogs that reference
鷹取山の3つの壁。本「忍ばずの女」。Youtube映画「人間の約束」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ハイキング > 鷹取山の3つの壁。本「忍ばずの女」。Youtube映画「人間の約束」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top