FC2ブログ

Home > 民謡 > 唄って笑った“呆けない小唄”・・・・・民謡の月例&新年会。本「風々院風々風々居士」山田風太郎に聞く

唄って笑った“呆けない小唄”・・・・・民謡の月例&新年会。本「風々院風々風々居士」山田風太郎に聞く

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-01-13 Mon 19:44:12
  • 民謡
★スカッとした・・・・・・かな

令和になって初めての月例&新年会。
月例では一人2曲を唄う。

僕は籾摺唄と十勝馬唄を唄った。
練習時間(稽古日)が少なかったので
僕的には比較的唄いやすい曲を選んだつもり。

久しぶりに三味線・尺八の生演奏で
大きな声で唄えてスカッとした・・・・・・かな。

      *

午後からは新年会。
今年も料理上手な会員の方からの差し入れがいっぱい。

茎ワカメは石巻から取り寄せるという極厚太。
煮しめはおせち料理顔負けの旨い。

いや、おせち料理そのものか。
2人の料理人の合作だそうだ。

漬物、酢の物、甘酒は農家の主婦作。
どれもこれも美味しくて、
とうとうお寿司は手つかずで終わった。

というわけで、
民謡の新年会は手作りの持ち寄り料理が楽しみになっているのだ。

      *

もう一つのお楽しみは・・・・・・。
昨年まではカラオケとビンゴ時間だったりしたのだが、
今年は趣向を変えてあみだくじと替え歌合唱。

替え歌は近ごろ各地の老人会なので流行っているらしい
ボケ(認知症)防止の青い山脈とお座敷小唄。

これらを総称して“呆けます小唄”“呆けない小唄”とか呼んでいる。

1 スキャン_20200113 (5)
お座敷小唄の替え歌“呆けない小唄”
2 20.1.13 月例 (45)
3 20.1.13 月例 (54)
1人では食べきれないほどのご馳走。
僕は余った煮物やお菓子、手付けずの寿司は持って帰った。

      ☆

4 スキャン_20200113 (6)
本の題名も山田風太郎にふさわしい。

★本「風々院風々風々居士」山田風太郎に聞く 森あゆみ

いかにも山田風太郎にふさわしいタイトル(本の題名)。
インタビューの内容が明治物(北海道シリーズ)とか人間臨終図鑑。
ずいぶん昔だが読んでいるので
このインタビュー集も興味深く読めた。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3199-c2db079d
Listed below are links to weblogs that reference
唄って笑った“呆けない小唄”・・・・・民謡の月例&新年会。本「風々院風々風々居士」山田風太郎に聞く from ゴローの「ここの記」日記

Home > 民謡 > 唄って笑った“呆けない小唄”・・・・・民謡の月例&新年会。本「風々院風々風々居士」山田風太郎に聞く

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top