FC2ブログ

Home > ゴローのバンコク・記憶遺産 > カレン族の結婚式に招待されて(その④)・・・村をあげてのご馳走作り・2007年3月。映画「恋文」

カレン族の結婚式に招待されて(その④)・・・村をあげてのご馳走作り・2007年3月。映画「恋文」

★潰す豚は7頭、大結婚式に備える

※"ゴローのバンコク・記憶遺産"は2007~2009年にわたって
タイのバンコクに滞在していた時の記憶である。

5回に分けてカレン族の結婚式のレポートを掲載
・・・・・・カレン族の結婚式に招待されて(その④)。

      *

結婚式を挙げるのはこの村の村長の娘。
お祝いには豚を潰してふるまう習わしだとか。

普通の結婚式には1頭、
それが今回は7頭も潰すのだと言う。

それは村長の実力を示すものであるらしく
来賓には郡長も来るのだと言う。

1 カレン 106 (2)
朝7時前から豚を潰し始める。
柵(檻)に閉じ込められた豚を数人で木の先を尖らした槍で刺す。
豚が数か所の柵で断末魔の叫びをあげていた。
2 カレン 101 (2)
潰された大きな豚。
2.5 カレン 108 (2)
5 カレン 109 (2)
腹を裂かれて内臓を取り出す。
すべてが料理されて捨てるところはないらしい。
3 カレン 115 (2)
4 カレン 102 (2)
内臓を取り出された豚は肛門から口に棒を通され丸焼きにされる。
6 カレン 114 (2)
9 カレン 131 (2)
腸詰め。
豚は解体され、細かく刻まれていく。
まな板が一斉に叩かれる音が響き渡った。
10 カレン 128 (2)
煮込み。
11 カレン 143 (2)
腸詰めを焼く。
12 枯れん  133 (2)
料理は村の若者総出で行われた。
13 カレン 123 (2)
女性たちは野菜を調理。
14 カレン 132 (2)
残飯を落とすと下では豚がきれいにしてくれる。

      ☆

15 20.1.24 映画恋文 (11)
日本の映画史の中でも貴重な作品だ。

★映画「恋文」田中絹代監督1953年。

田中絹代が日本で初の女性監督になった初めての作品。
日本の映画史の中でも貴重な作品だ。
当時の神田すずらん通りが写る。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3210-6dedb5ee
Listed below are links to weblogs that reference
カレン族の結婚式に招待されて(その④)・・・村をあげてのご馳走作り・2007年3月。映画「恋文」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ゴローのバンコク・記憶遺産 > カレン族の結婚式に招待されて(その④)・・・村をあげてのご馳走作り・2007年3月。映画「恋文」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top