FC2ブログ

Home > ガラクタの心 > 忘れたカエル。石の風景・・・・・・オブジェ。映画「旅役者」「新妻鏡」「隣の八重ちゃん」

忘れたカエル。石の風景・・・・・・オブジェ。映画「旅役者」「新妻鏡」「隣の八重ちゃん」

0 16.11.16 我楽多② (74)
可愛いい5匹のカエルたち。

★忘れたカエル

いつ頃からあったものか?
自分で買ったものか?
お土産に貰ったものか?

もしかして、我が家の家族が持って来たものか?
わからない。

忘れたカエル。
だから、ガラクタだったのだ。

      *

※ガラクタの定義

引っ越しや部屋を換えるたびに処分(捨てた)してきたガラクタ。
もちろん手に入れた時はガラクタではない。

旅の土産として、思い出として買ったものや、
知人からの頂きものもある。

それらがいつか溜り、
思い出も薄れ、
もうどうでもいい捨てようとなった時に
ガラクタとなる。

そこで、僕なりにガラクタ(我楽多)に定義づけをした。
①本人以外に何ら価値がない
②金銭・骨董的価値は不明もしくはゼロ
③幾多の捨てられるという困難を乗り越え年月を経たもの

なお、掲載のガラクタは2015年の引っ越しの時に破棄した物です。

      ☆

★映画3本
8 20.4.18 映画新妻鏡、旅役者、隣の八重ちゃん (36)
・「旅役者」=成瀬巳喜男監督1940年
馬役者(前足の藤原釜足)が主役の珍しい物語(映画)。
コメディではないが最初からおしまいまで楽しく鑑賞。
      *
920.4.18 映画新妻鏡、旅役者、隣の八重ちゃん (51)
・「新妻鏡」=渡辺邦男監督1940年
大ヒット曲“新妻鏡”と“目ン無い千鳥”が主題歌。
どちらも吉田正作曲、目ン無い千鳥の作詞はサトウハチローだ。
山田五十鈴が上手いねェ。
多くのファンを泣かせたことだろう。
      *
10 20.4.18 映画新妻鏡、旅役者、隣の八重ちゃん (62)
・「隣の八重ちゃん」=島津保次郎監督1934年
僕の実家の隣には美佐ちゃんがいた。
美佐ちゃんは僕と同級生だった。
とても美人で小学生の頃から
美佐ちゃんを好きになった男の子が
家の前をウロウロするのを僕は何度か目撃している。
美佐ちゃんは僕が結婚して実家を出てから間もなくして嫁に行った。
「隣の八重ちゃん」みたいな経験はけっこう多いんじゃないだろうか。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3296-e7656255
Listed below are links to weblogs that reference
忘れたカエル。石の風景・・・・・・オブジェ。映画「旅役者」「新妻鏡」「隣の八重ちゃん」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ガラクタの心 > 忘れたカエル。石の風景・・・・・・オブジェ。映画「旅役者」「新妻鏡」「隣の八重ちゃん」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top