FC2ブログ

Home > その他 > 指先の非力な高齢者用らく抜きコンセント。映画「現代人」

指先の非力な高齢者用らく抜きコンセント。映画「現代人」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-08-04 Tue 20:36:28
  • その他
20.8.4 映画「現代人」、らくらくコンセント外し (14)
オレンジ色のレバーを押すだけでコンセントは簡単に抜ける。

★子供や非力な女性

“らく抜きプラグアダプター”を買った。
最近コンセントの抜き差しに力がいる。

とくにデスクトップのコンセントを抜くときがひと苦労。
これも年齢(加齢)のせいだろう、
指先の力が弱くなっているのだ。

      *

何か工夫は思いつかないものかと
イオンの電気製品売り場へいったらこれが目に止まった。

こんな便利なものがあったとは。
これなら力のない子供や非力な女性にも使える。

      *

寝る前にデスクトップをシャットダウンするのだが、
翌朝、なぜか電源を入れても繋がらない。

それが一旦コンセントを抜くと繋がるのだ。
理由は分からないけれど
要は寝る前には一旦コンセントを抜く、
抜かねばならないことになったのだ。

      *

この“らく抜きプラグアダプター”は400円弱(税込み)で買ったのだが、
アマゾンでは244円で売っていた。

      ☆

20.8.4 映画「現代人」、らくらくコンセント外し (6)
池部良と小林トシ子。

★映画「現代人」渋谷実監督1952年

贈収賄を繰り返す山村聰と多々良純。
それに参戦する池部良。
この3人に
山村聰の娘、小林トシ子、
飲み屋のママ山田五十鈴。
池部良はトシ子を好きになるのだが、
悪を許せない彼女に拒絶される。
山田五十鈴は男3人ともに関係する。
結末は、池部良が多々良純を(酔って)殺してしまう。
トシ子のために罪を一人で負うべく証拠隠滅のため放火。
放火殺人犯となって留置所へ。
2枚目俳優の池部良が僕のイメージにはなかった
悪を演じているというだけでも興味深い。
なお、小林トシ子は後に映画監督の勅使河原宏と結婚する女性。
制作翌年の1953年、カンヌ国際コンクールで上映。
日本では1952年のキネマ旬報4位。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3406-66009364
Listed below are links to weblogs that reference
指先の非力な高齢者用らく抜きコンセント。映画「現代人」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > その他 > 指先の非力な高齢者用らく抜きコンセント。映画「現代人」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top