FC2ブログ

Home > その他 > カラスとセミが鳴く季節?映画「愛より愛へ」「風船」

カラスとセミが鳴く季節?映画「愛より愛へ」「風船」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-08-10 Mon 20:09:32
  • その他
★全く可愛くない

寝ているベッドのすぐ外の電信柱で
夜明けとともに鳴くカラス。

うるさいったらありゃしない。
巣立ちの子供たちに何かを教えている?・・・・・・みたい。

親子(多分)でギャアギャア。
全く可愛くない。

      *

階段を下りるとすぐ前のケヤキはセミたちの集会場。
多い時は5~7、8匹が入れ代わり立ち代わり鳴いている。

お互いに恋セミ探しをしている?
そう思うと何だか可愛げ。

今日も暑いけど
今頃はそんな季節なんだ。

20.8.1 二子山 (7)
寝ているベッドのすぐ外の電信柱でうるさいったらありゃしない。
20.8.10 セミ。映画「風船」「愛から愛へ」 (20)
手でも捕まえられるところに3匹、見上げるともう3匹、
枝と葉で隠れて見えないところで2匹くらいが鳴いている。

      ☆

★映画2本
20.8.10 セミ。映画「風船」「愛から愛へ」 (51)

・「愛より愛へ」=島津保次郎監督1938年

売れない作家(佐野周二)と同棲している女(高杉早苗)は
当然、生活の面倒を見ている。
2人の結婚に反対の佐野周二の父親、
実は表面上だけのことで本当は仕方がないと思っていた。
最後はめでたしめでたしなのが、
父親の本心を引き出すまで佐野の妹(高峰三枝子)の活躍話。
      *
20.8.10 セミ。映画「風船」「愛から愛へ」 (63)

・「風船」=川島雄二監督1956年

社長(森雅之)の息子(三橋達也)はバーの女給(新珠三千代)と同棲している。
新珠は深く三橋を愛しているが三橋は遊び。
森と三橋の妹(芦川いずみ)は新珠がいい人だけに心を痛めている。
結局、新玉は自殺してしまう。
森は社長を辞め思い出のある地で余生を送ることに。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3412-a9a2609e
Listed below are links to weblogs that reference
カラスとセミが鳴く季節?映画「愛より愛へ」「風船」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > その他 > カラスとセミが鳴く季節?映画「愛より愛へ」「風船」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top