FC2ブログ

Home > その他 > 歯が壊れた。虹。映画「荒城の月」「熱砂の白蓮」

歯が壊れた。虹。映画「荒城の月」「熱砂の白蓮」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-08-13 Thu 20:21:53
  • その他
★虹と欠けた部分入れ歯

歯が壊れたと言うのはモチ、部分入れ歯のこと。
隣の歯で支えるための大事な部分が折れたのだ。

歯医者に行かねばならない。
早速予約の電話を入れた。

1軒目は東京の50年行きつけの歯医者。
部分入れ歯もこの歯医者で作った。

全然繋がらない。
多分、お盆休み。

2軒目はママチャリで15分ほどのところ。
若い頃、ボーイスカウトのリーダー仲間だった歯医者さん。

以前、2度ほどお世話になった。
やっぱり繋がらない。

3軒目は歩いて2分の歯医者さん。
ここは入っている建物(ビル)ごとお盆休み。

まァ、お盆が明けるまで
片方歯なしで過ごすしかあるまい。

      *

今日久々に大きな虹を見た。
散歩に出ようかと階段を下りたところで見上げた空に虹。

イオンの看板の上にくっきりと北半分。
団地の建物の反対側に回ればやっぱり虹の南半分。

何だか僕の欠けた部分入れ歯(口の中)みたい。

20.8.13 虹、映画「荒城の月、「熱砂の白蘭」 (57)
20.8.13 虹、映画「荒城の月、「熱砂の白蘭」 (60)

      ☆

★映画2本
20.8.13 虹、映画「荒城の月、「熱砂の白蘭」 (48)

・「荒城の月」=佐々木啓祐監督1937年

滝廉太郎(佐野周二)が生まれ故郷に里帰り、
そこで“荒城の月”を作曲する。
結婚を約束した友人(佐分利信)の妹(高杉早苗)と
知り合いになった少年の姉(高峰三枝子)と2人の女性との恋愛話が絡む。
荒城の月の作曲を終えた廉太郎は佐分利と高杉に看取られながら死ぬ。
全体を通して清らかなイメージ。
荒城の月にふさわしい。
      *
20.8.13 虹、映画「荒城の月、「熱砂の白蘭」 (19)

・「熱砂の白蘭」=大村恵吾監督1951年

白蘭(小暮実千代)は大陸で有名だった将校相手の娼婦。
戦争末期、内地帰還に遅れてしまった10人?の民間人を
集めて高い料金で大連まで運ぼうとする男。
白蘭はそのトラックに途中から乗り込む。
ところが、敵からの掃射で予備ガソリンが無くなり、
日本軍30人の留守部隊がいる街に行く。
軍の中隊長(池部良)はガソリンの交換条件として白蘭の体を要求。
最初は拒否するが結局中隊長の元へ。
しかし、池部良は先の非礼を侘び、
ガソリンを快く差し出す。
翌日、部隊は死地への行進を始め、
民間人を乗せたトラックは大連へ向かう。
そのトラックに白蘭は乗らない。
もう一人、途中までトラックの運転をしていた元操縦士の男も乗らなかった。
極限の状態におかれた人間のエゴを
これでもかと言うほど見せつける力作。
脚本を新藤兼人が手伝っているようだが、
キネマ旬報ベスト10に入らなかったのが惜しい。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3415-488610be
Listed below are links to weblogs that reference
歯が壊れた。虹。映画「荒城の月」「熱砂の白蓮」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > その他 > 歯が壊れた。虹。映画「荒城の月」「熱砂の白蓮」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top