FC2ブログ

Home > > モチーフは木彫りのあでやかな鳥・・・・・・絵の教室。映画「丹下左膳」「魔像」

モチーフは木彫りのあでやかな鳥・・・・・・絵の教室。映画「丹下左膳」「魔像」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-08-17 Mon 21:42:34
★中南米からのお土産

絵の教室・月曜会。
今日のモチーフに選んだのは木彫りのあでやかな鳥。
先生が中南米からお土産に買って来たものだそうだ。

オウムかインコかあるいは別な鳥なのか分からない。
画像検索をすれば似たような派手な鳥がいっぱい出てくる。

今回もデフォルメ、遠近法を強めて描いている。
先生のアドバイスを受け止まり輪っかは正面、まん丸にしている。

1 20.8.17 絵の教室、映画「魔像」「丹下左膳」 (38)
今回もデフォルメ、遠近法を強めて描いている。
2 20.8.17 絵の教室、映画「魔像」「丹下左膳」 (48)
大葉は描かなかったけれど夕飯の刺身のツマに頂いてきた。
3 20.8.17 絵の教室、映画「魔像」「丹下左膳」 (12)
ピーマンは中にいた虫ごと切ってしまった。

      ☆

★映画2本
4 20.8.17 絵の教室、映画「魔像」「丹下左膳」 (4)

・「丹下左膳」=マキノ雅弘監督1953年

丹下左膳の原作者林不忘の本名は長谷川梅太郎。
林不忘で時代物、牧逸馬でノンフィクション、谷譲次でアメリカ物と
3つの名前で全く別な小説を書いた1925年~の流行作家。
天才とまで言われたが35歳での早世。
なんでこんなこと書くかと言えば
僕も若い頃谷譲次と牧逸馬にハマってずい分読んだからだ。
ただ、林不忘名の時代小説は知ってはいたが読んでいなかった。
丹下左膳と言えば大河内伝次郎がはまり役みたいだが、
このマキノ雅弘監督の左膳は何だかよく分からない。
とにかく辻斬りになって人を殺める。
映像も暗くてよく見えない。
加えて伝次郎の言葉がよく聞き取れない。
女の人も絡んできてますます僕の持っていたイメージとは違う左膳だ。
最後はどうなってしまったのかもよく分からない。
原作を読んでいれば理解できたと思うが・・・・・・。
      *
5 20.8.17 絵の教室、映画「魔像」「丹下左膳」 (15)

・「魔像」=大曾根辰夫監督1952年

この映画も原作は林不忘。
阪東妻三郎の殺陣に特徴がある。
勝新太郎の座頭市や円月殺法の市川雷蔵みたいにパッパッとスマートに切らない。
芝居(舞台)風なのかなァ?
必殺仕置き人、必殺仕掛け人の原型みたいな内容。
最後は大岡越前守のお裁きでめでたしなのだけれど、
ちょっとシュール過ぎる?
山田五十鈴のひょうきんなカミさんぶりがGoo。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3419-8e985dde
Listed below are links to weblogs that reference
モチーフは木彫りのあでやかな鳥・・・・・・絵の教室。映画「丹下左膳」「魔像」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > > モチーフは木彫りのあでやかな鳥・・・・・・絵の教室。映画「丹下左膳」「魔像」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top