FC2ブログ

Home > > 先生の人物デッサン手直しタイム。緑の中の秋。映画「我が家の楽園」

先生の人物デッサン手直しタイム。緑の中の秋。映画「我が家の楽園」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-11-02 Mon 21:01:38
★教室の意義

今日の絵の教室は
2回続いた人物デッサンの先生の手直し。

ひとりにつき10~20分くらいの時間をかけ作品をチェック、
先生が直接手直しをしてくれる。

自分ではこれでいいだろうと仕上げたつもりでも
必ずと言っていいくらい手直し箇所が出てくるものだ。

チェックしてもらい、直す(修正する)ことに教室の意義があるのだ。

1 20.11.2 絵の教室 (43)
2回続いた人物デッサン。
先生が直接鉛筆(パステル)を取って手直し。
2 20.11.2 絵の教室 (36)
作品の題名を思いついてから描き始めた。
「無造作に置かれた果物と野菜(仮題)」。
      *
3 20.11.2 絵の教室 (41)
農家の垣根にも秋(民謡稽古の帰りに)。

      ☆

4 20.11.1 安達太良山 (7)

★映画「我が家の楽園」アメリカ1938年

この年のアカデミー賞作品賞、監督賞受賞した作品。
自宅の買収に応じなかったお年寄りと、
買収しようとした軍需工場拡張を図る事業家が
最後に友情で結ばれる話。
コメディと解説にあるが
ドタバタや台詞で笑わせる現在のコメディとは違うようだ。
偶然や誤解から両者ともに逮捕され裁判沙汰に。
世の中にはお金より大切なものがあることを諭す老人に
やがて事業家は耳を傾けるようになってくる。
老人の家の引っ越しの日すべてが解決することに。
事業家は老人のために家を買い戻す。
恋仲だった老人の娘と事業家の息子の間も危機を乗り越え結ばれる。
暗さがなく、最後には映画鑑賞者が明るくハッピーな気持ちになる。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3492-366d7559
Listed below are links to weblogs that reference
先生の人物デッサン手直しタイム。緑の中の秋。映画「我が家の楽園」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > > 先生の人物デッサン手直しタイム。緑の中の秋。映画「我が家の楽園」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top