FC2ブログ

Home > > 埴輪がモチーフ・・・・・・絵の教室。紅葉とハーレーダビッドソン。本「佐藤一斎」。映画「愛怨峡」

埴輪がモチーフ・・・・・・絵の教室。紅葉とハーレーダビッドソン。本「佐藤一斎」。映画「愛怨峡」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-11-16 Mon 20:05:05
1 20.11.16 絵の教室と紅葉狩り (52)
初めて描くモチーフ埴輪。
2 20.11.16 絵の教室と紅葉狩り (59)
コロナ対策で教室の窓は開けなければいけない。
空けたら紅葉が目の前に広がっていた。

★素焼きの質感が難しそう

今日のモチーフは埴輪。
初めて描くのは僕だけじゃないみたい。

何人かやる気満々?で
4つある埴輪を皆ならべ、早速イーゼルに向かっていた。

面白いモチーフだと思うけれど、
素焼きの質感が出るかどうか・・・・・・難しそう。

      *

陽気に誘われて大宮駅まで歩いた。
住宅地の中の道なので面白くもないが、
ハーレーダビッドソンの販売店を見つけたのが収穫。

モチ僕は見るだけハーレーダビッドソンだ。
高速道路を車で走っているとハーレーダビッドソンの一群を見る。

かっこいいなアと思うけれど
近くでゆっくり見ることはほとんどない。

という分けで今日はゆっくりみた。
やっぱりカッコイイ。

      *

住宅街や商店街では紅葉を見ることが出来なかったが、
氷川神社参道に来てやっと見ることが出来た。

3 20.11.16 絵の教室と紅葉狩り (61)
見沼用水の柵(金網)の紅葉。
4 20.11.16 絵の教室と紅葉狩り (93)
氷川神社参道の紅葉(本殿に向かって)。
5 20.11.16 絵の教室と紅葉狩り (96)
氷川神社参道の紅葉(参道入口・新都心駅に向かって)。
6 20.11.16 絵の教室と紅葉狩り (72)
ハーレーダビッドソンの販売店。
外に5、6台、店内には無数(数十台)のハーレーが。
ウインドーから355万4100円の正札がみえた。

      ☆

7 スキャン_20201116 (3)

★本「佐藤一斎」童門冬二

あまり著名な人ではない?
僕はこの本を読んで初めて知った名前。
幕末の知識人というか多くの人に影響を与えた人らしい。
林述斎に教えを受けた学者で朱子学と同時に陰で陽明学も。
そこらあたりを著者は“陽朱陰王”と呼んでいる。
渡辺崋山、中江藤樹、川路聖謨から西郷隆盛にまで影響を与えているとか。
吉田松陰など多くが蛮社の獄で処刑されているなかで、
命を全う出来た理由も著者独自の解釈で解明。
歴史を研究していく中で著者が発掘した幕末の大物?

      ☆

8 20.11.16 絵の教室と紅葉狩り (11)

★映画「愛怨峡」成瀬巳喜男監督1937年

女中を孕ましてしまった老舗旅館のボンボンが、
駆け落ちで東京へ出てくるも仕事も生活力もなし。
迎えに来た親に連れて返される。
女中は女給からやがて漫才芸人に・・・・・・。
ボンボンは一旦は詫びて元のさやに・・・・・・にとそこへまた親が出てきて、
とうとう元女中は愛想をつかし漫才の相方のところへ。
彼は心から女を愛していたのだ。
人情物と言っていいのかなァ。
最近人気のテレビ番組“スカッとジャパン”じゃないけれど
最後がスカッと終わっている(スカッとする)。
わずか秒のコマでそれを分からせる監督の凄さ。
この年のキネマ旬報3位。
      *
作家の宮本百合子がこの映画の批評を書いている。
しかも彼女の文学全集に収録されて、ネットで公開されていた ↓。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/2776_8797.html
「愛怨峡」における映画的表現の問題 宮本百合子
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/3506-e917c53d
Listed below are links to weblogs that reference
埴輪がモチーフ・・・・・・絵の教室。紅葉とハーレーダビッドソン。本「佐藤一斎」。映画「愛怨峡」 from ゴローの「ここの記」日記

Home > > 埴輪がモチーフ・・・・・・絵の教室。紅葉とハーレーダビッドソン。本「佐藤一斎」。映画「愛怨峡」

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top